世界中から観光客が訪れるチェンライのワット・ロンクンは異世界への入口だった☆2015年12月タイ・ラオス旅行記(15)

シェアする

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

本来であれば、敬虔な仏教徒が祈りをささげる場所であるはずの寺院ですが、タイではちょっと違います。

タイの寺院といえば、涅槃仏のワットポーをはじめ、歴史と威厳があるイメージを日本人は持ちがちですが、タイ人にとって寺院とは祈りの場であると共に、行楽で行く場所でもあるのです。

今回立ち寄ったワット・ロンクンは、歴史ある寺院ではなく、現代風にアレンジされたテーマパークのような寺院です。

日本人の仏教観をぶち壊す、ある意味エポックメイキングな寺院が多いタイの中でも、世界的にホワイトテンプルとして知られるワット・ロンクンを見学してきました。

ワット・ロンクンは異世界の入口なのか

dsc00413

今回のワット・ロンクンを訪れたのは、チェンマイからルアンパバーンまで公称18時間(実際は22時間)かけて陸路移動する、現地申し込みパッケージツアーの途中休憩の場所として指定されていたからです。

チェンマイからチェンライを通って、チェンコーンまでを約5時間で走破するため、ワット・ロンクン滞在は30分と短かったですが、それほど寺院自体はそれほど広くないため、ざっと見学するのは十分でした。

dsc00412

ロットゥ(VIPバン)は、ワット・ロンクンの端にある駐車場に停車します。

dsc00396

ワット・ロンクンの入口では、摩訶不思議な像が迎えてくれます。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

ホワイトテンプルで有名と聞いていたのですが、駐車場から歩く途中にあるのは建設中らしい建造物だらけです。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

しばらく歩くと黄金に輝く寺院の屋根と白い屋根が見えてきました。

ヤバイ!ホワイトテンプル

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

仏教寺院とは黄金や渋い色だという常識をぶち壊してくれたのが、まずこの外観です。 

「これはこれで有り」というタイ仏教界はある意味凄いです。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

本堂へ入るためには、刺刺しい橋を渡る必要があります。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

正面から見ると、東洋と西洋が融合したような感じです。

建前としては、「古来からある仏教寺院ではなく、現代人のための現代アートの寺院である」なんだそうです。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

見学しつつ写真を撮りつつ、寺院であるというより、現代アートがどうのこうのではなく、「珍しい建物=アトラクション」という感じがしてきました。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

地獄から伸びた無数の手を表現した池?は、ワット・ロンクンならでは。

目を凝らしてみると、一つ一つ手の形や向きが異なるという力の入れようです。

かなり凝っています。

ワット・ロンクンの本堂の中は撮影禁止

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

ワット・ロンクンの入場料は無料で、誰でも寺院内に入って自由に撮影することができるのですが、唯一の例外が本堂内の撮影が禁止されていることです。

大勢の観光客が列を作って中を見学しようと待っていたため、今回は内部見学はしていませんが、どうやら日本の漫画やアニメのキャラクターなどが無数に天井に描かれているとか、いないとか。

時間がある際に一度見てみたいものです。

ワット・ロンクンの本堂の裏手は広い人工池が広がる

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

ワット・ロンクンの本堂の裏手に周ってみると、

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

広い人工の池と、その周りには無数の龍の彫刻が飾られているエリアが広がっていました。

チェンマイのワト・ロンクン(ホワイトテンプル)

さらに、ワット・ロンクンは未完成ということで、建設中の建物が無数にありました。

ワット・ロンクンの場所と行き方

ワット・ロンクン
タクシー:チェンライ市内から20分
バス:チェンマイとチェンライ間を走るグリーンバスという路線バスでアクセス可能

まとめ

30分という休憩時間の中でトイレに行ったり、水分補給をしたりしていたので、正味の見学時間は15分程度でしたが、ワット・ロンクンの凄さを十分に感じることができました。

最後にワット・ロンクンに行くべきかという点ですが、チェンマイ観光のついでに立ち寄ると考えた場合、チェンマイ市内からワット・ロンクンまでバス移動で2時間30分~3時間はくらいはかかり、行き帰りで半日はつぶれる計算になります。

ただ、チェンライ観光、タイ・ミャンマー・ラオスの国境地帯であるゴールデントライアングル観光のついでに立ち寄るのであれば有りなのではないかと思います。

チャンマイ~ルアンパバーンの陸路国境超え移動関連の記事リンク

  1. チェンマイ~チャンライの手前までの移動
  2. チェンライのワット・ロンクン訪問 <当記事>
  3. チェンライから国境の町チエンコーンまでの移動
  4. チエンコーンからファイサーイへ第4タイ・ラオス友好橋経由での陸路国境超え
  5. ファイサーイからルアンパバーンまでの移動

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする