搭乗記・ラウンジ情報 タイ国際航空 空港/ラウンジ情報(国内) 2017年10月香港旅行記

関西国際空港のタイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジを利用してみた

投稿日:2019年9月30日 更新日:

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

ANAで羽田空港から関西国際空港経由で香港国際空港への旅、敢えて羽田空港〜香港国際空港を結ぶ直行便があるにもかかわらず、マニアックなルートを選んだ理由は一重に、、、関西国際空港のラウンジを利用するため!

今回は関西国際空港に2箇所あるスターアライアンス系のラウンジのうちの1つ、タイ国際航空のロイヤルオーキッドラウンジを利用してみました。

ロイヤルオーキッドラウンジの場所

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

ロイヤルオーキッドラウンジは関西国際空港の北ウイング。ウイングシャトルの先端駅のすぐ近く。搭乗ゲートでいうと5番ゲートが近いです。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

入口はいかにも上質!木目の壁に金色のプレートが印象的です。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

中に入ってみると、奥行きはあるものの幅が狭い、、何とも窮屈な印象です。

これはフロアマップを見ると分かりますが、ロイヤルオーキッドラウンジがある場所が、4番と5番の搭乗ゲートの間の空間にあるためです。

ロイヤルオーキッドラウンジのフード&ドリンクをチェック

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

フードはもう1つのスターアライアンス系ラウンジである、ANAラウンジと比較すると、、、明らかに劣ります。。。

ホットミールは無し、軽食としておにぎり3種類とサンドイッチパンが4種類。ついで?のインスタント味噌汁もあります。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

こちらはANAラウンジには置いていない、カップヌードルとどん兵衛。ホットミールの替わり、、でしょうか。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

スナック類は、お茶菓子にピッタリな物が割と充実している印象です。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

ハードリカーが「一通り」揃ってはいますが、種類はANAラウンジに比べると少なめです。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

国内線・国際線のラウンジ共に、日本国内のラウンジでは欠かせないビール!

ロイヤルオーキッドラウンジでは、キリンとアサヒの2種類のサーバーを用意しています。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

さらにハイネケンの用意もあり、スタッフにオーダーすると出してもらえるようです。

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

ソフトドリンクも最低限のものが用意されている感じです。

ファーストクラス専用スペースが別にあり

関西国際空港のタイ航空ロイヤルオーキッドラウンジ

全体的に狭い、フード&ドリンクもイマイチなロイヤルオーキッドラウンジですが、なんとファーストクラス利用者専用の秘密のスペースが別途用意されています!!

ラウンジの奥にある扉の向こうが、ファーストクラス客専用のスペース。スタッフの方に聞いてみると予約制になっているとのこと。

関空発のファーストクラス利用の機会があれば、ぜひ扉の向こうに何があるかチェックしたいと思います。(そんな日がくる)方に行ってみると、

まとめ

ロイヤルオーキッドラウンジの印象は、「自社便のビジネスクラスとファーストクラスの乗客を収容できれば、それで良い」という感じ。

タイ国際航空は1日2便、午前にA380、夕方にB777-300ERという大型機を飛ばしているので、エコノミークラス利用のスターアライアンスゴールド会員を含む対象者全員を全て収容できるとは思えず、、、何とも中途半端な印象が拭えません。

ゆっくり食事を楽しみたい方は、ロイヤルオーキッドラウンジより収容人数の多いANAラウンジの利用をオススメします!


今、あなたにオススメ

-搭乗記・ラウンジ情報, タイ国際航空, 空港/ラウンジ情報(国内), 2017年10月香港旅行記
-,

Copyright© キセキをキロク , 2019 All Rights Reserved.