チェンマイからルアンパバーンまでの移動手段と料金と行程☆2015年12月タイ・ラオス旅行記(14)

シェアする

dsc00367

チェンマイからルアンパバーンまでの移動手段と料金、そしてチェンマイからチェンライまでの移動の一部をご紹介します。

チェンマイ~ルアンパバーンの移動は以下の5記事に分かれていますので、陸路で移動を検討されている方は参考にしてください。

  1. チェンマイ~チャンライの手前までの移動<当記事>
  2. チェンライのワット・ロンクン訪問
  3. チェンライから国境の町チエンコーンまでの移動
  4. チエンコーンからファイサーイへ第4タイ・ラオス友好橋経由での陸路国境超え
  5. ファイサーイからルアンパバーンまでの移動

チェンマイとルアンパバーンを交通手段の比較

p_20151222_135724

チェンマイからルアンパバーンまで18時間(実際は21時間ですが)、料金は1,390バーツのバスでの移動を今回選択しましたが、他にどのような手段があるかをまずご紹介します。

チェンマイからルアンパバーン交通手段の詳細

飛行機(毎日1便)

60分
ラオス国営航空ATR-72での直行便
13,000円程度

バス(毎日)

18時間
1,390バーツ
食事:ディナーボックス付
出発時間:9:30

スピードボート(毎日)

1泊2日
2,450バーツ
宿泊:1泊付(もう1泊は自腹)
食事:3回付き
出発時間:9:30

スローボート(毎日)

2泊3日
1,750バーツ
宿泊:1泊付(もう1泊は自腹)
食事:3回付き
出発時間:9:30

時間のない方は素直に飛行機で移動するのがベターですが、「それじゃあ面白くない!」という暇人、、、改めてバックパッカーだけが陸路移動を選択します。

チェンマイとルアンパバーンを結ぶパッケージツアーの実態

今回参加したツアーは、宿泊したターペー・バックパッカーズ・ホステル内にある旅行代理店で手配したチケットです。

実態はチェンマイ中のホテルやゲストハウス、旅行代理店を介して販売されているパッケージツアーになり、しかもスピードボート、スローボート、バス利用者をチェンマイからタイとラオスの国境の街であるチエンコーンまでロットゥ(VIPバン)で運び、そこからは別工程に分かれて目的地ルアンパバーンを目指します

つまりバス移動のパッケージツアーであれば、

チェンマイ~チエンコーン:混載バン
チェンコン~タイ国境:送迎バン
タイ国境~ラオス国境:国境間を走るバス(自腹)
ラオス国境~ファイサーイ:送迎バン
ファイサーイ~ルアンパバーン:バス

実に5回も乗り換えが発生する、実に面倒くさい楽しい行程なのです。

迎えが来なくて焦る

dsc00393

移動の日の朝、ターペー・バックパッカーズ・ホステルで待っているのですが、出発の9:30になっても一向に迎えが来ません。

置き去りにされたのではと心配になり、チケットを購入した窓口にいたタイ人に問い合わせたところ、電話で状況を確認してくれました。

どうやら他の乗客のピックアップに時間がかかっているようで、10:00までには迎えにいけるとのこと。

大人しく待っていると、ちょうど10:00に出迎えのロットゥ(VIPバン)がやってきました。

carlineup_hiacecommuter_top_10_pc
by TOYOTA MOTOR COMPANY

VIPバンはトヨタ ハイエース コミューター。

公称14人乗りのバンには、運転手1人、乗客11人、最後尾座席は倒してスーツケース置き場しています。

VIPという触れ込みですが、豪華装備があるわけではありません。

チェンライに向けて出発

dsc00368

乗客全員のホテル等でのピックアップが終わり、チェンマイを出発したのが11:00でした。

ツアーはチェンマイから直接タイ国境のチエンコーンまで一直線に向かえる道がないため、チェンマイの北東にあるチェンライを経由します。

dsc00370

チェンマイ市内から少し郊外に出た辺りは、片側3車線のよく整備された道路が続きます。

dsc00369

そのせいか運転手も一般道にもかかわらず100キロという素敵なスピードで飛ばしております。

dsc00373

ですが、チェンマイの市内から離れると、山の中を走るようになります。

dsc00376

急カーブが連続する区間が続く中、制限速度40キロを上回る70キロで飛ばします。

乗客は全て外国人観光客、、、皆一応にスピードについて不安そうでした。

dsc00383

しばらく人里離れた山の中を走った後、名前はわかりませんが町に入りました。

dsc00389

チェンマイを出発して2時間後の13:00、最初の休憩スポットであるドライブインに到着しました。

dsc00387

ドライフルーツが並んでいます。

dsc00386

このパッケージ、、、バンコクでもよく見かけます。

dsc00391

食べ物といってもお菓子や乾きものばかりです。

幸い食堂で1食40バーツのご飯とおかずがセットになった、ぶっ掛け飯を販売していましたが、パンとジュースを事前購入していたため買いませんでした。

まとめ

ロットゥ(VIPバン)での移動は、乗客を詰め込むのでキツキツで辛いとネット上での事前情報は得ていましたが、幸いなことに運転席のすぐ後ろの足元が広いシートに座れたため、辛さはありませんでした。

座る席順は迎えに来る順番で決まる、、、ある意味ロシアンルーレットのようなものです。

運に身を任せるのも良いですが、さすがに大変なので、車酔いする方は助手席に乗せてくれるように他の乗客にお願いするにも有りかもしれません。

次回は、次の休憩スポット、チェンライのオールホワイトの純白寺院ワット・ロンクンをご紹介します。

  1. チェンマイ~チャンライの手前までの移動<当記事>
  2. チェンライのワット・ロンクン訪問
  3. チェンライから国境の町チエンコーンまでの移動
  4. チエンコーンからファイサーイへ第4タイ・ラオス友好橋経由での陸路国境超え
  5. ファイサーイからルアンパバーンまでの移動

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう