スコータイ歴史公園の見どころ4スポットの詳細を地図と共にご紹介☆2015年12月タイ・ラオス旅行記(31)

p_20151228_090737
世界遺産のスコータイ遺跡群は広大な敷地に点在しており、すべてを徒歩で周ることは不可能です。

比較的まとまっているスコータイ遺跡公園でも、歩いて見て回るには半日以上はかかります。

それがレンタル自転車を使えば、見どころは2~3時間ほどで周ることができるので便利です。

dsc00919

こちらの赤いレンタル自転車に乗って、早速遺跡観光に出発します!

ラームカムヘーン大王記念碑

dsc00912

まず訪れたのは、ラームカムヘーン大王記念碑です。

スコータイ朝王朝の3代目の王様で、独特のタイ文字を考案して、仏教を広めた名君として知られています。

dsc00913

ただ、朝早かったせいか、ラームカムヘーン大王記念碑の周りには人影はなく、閑散としています。

dsc00917

歴史公園内は、遺跡から遺跡までの距離が離れているので、大半の人が自転車か、見学ツアーのバンに乗って観光しています。

ラームカムヘーン大王記念碑の場所

ラームカムヘーン大王記念碑

ワット・サシー

dsc00923

ラームカムヘーン大王記念碑から、トラパンクワンという大きな池を挟んだ向かい側にあるのが、ワット・サシーです。

dsc00927

池の中にあるため、つり橋で渡ります。

dsc00931

つり橋を渡って中に入ってみます。

dsc00929

途中にある案内板でも、池の中に浮かぶ不思議な寺院であることがわかります。

dsc00933

よく見える正面側にやってくると、真ん中に仏像がある、大きな寺院跡であることがよくわかります。

dsc00934

柱が何本も立っていますが、

dsc00936

以前は屋根のある立派な建物の中に、仏像が建立されていたようです。

様式はスリランカ様式とのことです。

dsc00932

ワット・サシーにある、もう一つの小ぶりの仏像です。

ワット・サシーの場所

ワット・サシー

ワット・シーサワィ

dsc00949

ワット・サシーから、次の遺跡ワット・シーサワィに移動します。

と言っても、距離にして1.5キロは離れているので、炎天下の徒歩移動は体の負荷になります。

dsc00947

涼しい風を感じられる自転車を漕ぐこと10分、ワット・シーサワィが見えてきました。

キレイに手入れされた芝生の緑と木々が、遺跡と相まって素晴らしいです。

dsc00938

遺跡の前には、レンタル翻訳機用の看板があります。

タイ語、英語、日本語、中国語、フランス語に対応しています。

dsc00939

ワット・シーサワィの入口は、庭園のエントランスのようです。

dsc00941

近づいてみると、クメール様式の礼拝堂の柱が並んでいます。

dsc00942

塔の装飾として、小さな仏像が彫られています。

dsc00943

下から塔を見上げると、シンガポールなどで見かける、ヒンドゥー教のお寺のような気がしたのですが、調べてみるとワット・シーサワィは、元々ヒンドゥー教の神殿として建てられて、のちに仏教寺院になったようです。dsc00944

ワット・シーサワィの内室の中には、陶器のようなものが残されています。

dsc00945

観光客の姿が視界から消えたところで撮った一枚。

青い空とワット・シーサワィの壁の茶色が、悠久の時を感じさせてくれます。

ワット・シーサワィの場所

ワット・シーサワィ

ワット・マハータート

dsc00948

ワット・シーサワィから自転車で5分ほど走ると、スコータイ遺跡公園の最大の見どころである、ワット・マハータートに着きます。

dsc00951

他の寺院跡に比べると、敷地がかなり広く、あちこちに仏塔の跡が点在しています。

dsc00954

このような仏塔と仏像が、中央にある大きな仏塔を取り囲むように建てられています。

dsc00969

座っている仏像もあれば、周りを壁に囲まれた立ち姿の仏像もあります。

dsc00956

仏像の顔は一つ一つ表情が異なるようで、タイ人は熱心に一つ一つ仏像の前で祈りを捧げていたのが印象的でした。

まあ、欧米人観光客はセルフィーなどの撮影に大忙しでしたが。

dsc00957

奥に見える大きな仏塔、そして取り囲むように設置された仏像が、何とも言えないコントラストになっています。

dsc00958

大きな仏塔の前には、「スコータイ遺跡といえばこの写真」と言われるほど有名な、一際大きな仏像があります。

dsc00962

以前は屋根を支えていた柱と仏像だけが残っています。

欧米人観光客が、祈りのポーズで写真撮影しているのはご愛敬ですね。

dsc00963

こちらの大きな仏像が、気品に溢れた顔立ちをされていました。

dsc00971

湖面に映るワット・マハータート、キレイです。

dsc00972

2時間ほどかけてスコータイ遺跡公園を巡りましたが、

dsc00961

昼近くになると、こちらの犬のように喉カラカラの状態になってしまいました。

ワット・マハータートの場所

ワット・マハータート

スコータイ遺跡公園のチケット売り場と入場・開園時間

スコータイ遺跡公園のチケット売り場

チケット売り場は、ソンテウ乗り場から1分ほど歩いたところにあります。

入場料:100バーツ
レンタル自転車持ち込み料:10バーツ
開園時間:6:30~18:00(土曜のみ21:00まで)

入口でレンタル自転車持ち込みをチェックしていますので、素直に持ち込み料を払いましょう。

スコータイ遺跡のレンタル自転車の借り方や料金は、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ

スコータイ遺跡公園の見学は、早朝~午前中、もしくはライトアップされる夜がベストと聞いていましたが、その通りでした。

昼ごろになると、大型バスでやって来る中国人観光客で、遺跡内の寺院はかなり混み合います。

大声を出したり、寺院跡に触れてみたりと、一緒にその場にいて恥ずかしくなるくらいなので、涼しい午前中がじっくり見学するにはベストです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう