ホテル タイ 2017年8月台湾・タイ旅行記

プルマン バンコクホテルG 宿泊レビュー|オシャレで豪華なラウンジも紹介

投稿日:

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブルーム

トラスケ(@lkardtheworld)です。

アコーホテルズのアップスケールブランドの1つである「プルマン」の名を冠しているのが、今回宿泊したプルマン バンコク ホテルGです。

他にもバンコクには、「プルマン バンコク ホテル キングパワー」、「プルマン バンコク グランデ スクンビット」を合わせた、3つのプルマンホテルがあるのですが、他のホテルと比べて利便性や施設面でどのような違いがあるのか、徹底的に宿泊して調査してみました!

プルマンバンコクホテルGのエグゼクティブクラブ

今回のバンコクへの旅は、観光やショッピング目的ではなく、純粋にホテルステイを楽しみたかったので、のんびり過ごせるエグゼクティブラウンジが使えるプランを選択しました。

プルマンバンコクホテルGのエグゼクティブクラブ特典

エグゼクティブラウンジ

毎日6:00〜23:00までラウンジオープン
・コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、ミネラルウォーターの常時サービス
・ラウンジでの無線LAN利用
・ラウンジのPCの30分間利用
・ラウンジ会議室の1時間利用
・朝食:6:00〜10:30
・アフタヌーンティー:14:00〜16:00
・カクテル&カナッペ:17:30〜19:30

部屋

・エスプレッソマシーン設置
・無線/有線LAN利用
・滞在中の1回のスーツプレスサービス
・市内無料電話
・16:00までのレイトチェックアウト(空き次第)

チェックインは1Fではなく、エグゼクティブラウンジがある27Fにて行います。

プルマンバンコクホテルGのエグゼクティブルームをチェック

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブルーム

ドアを開けてすぐ目に飛び込んできたのは、広いリビングの奥に置かれた2つのソファー!

実はエグゼクティブラウンジが利用できる一番安いプランを選択したはずだったんですが、ホテル側が気を利かせてスイート相当の部屋にアップグレードしてくれたようです。

ただし、置かれているソファーをはじめとする家具は、なんとなくプルマンには似合わない感じ、、、どうやらリブランド前に名乗っていた旧ソフィテル ホテル シーロム時代のものが残った部屋だったようです。

現在は部屋のインテリアは、白を基調にしたものにリニューアルされています。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブルーム

ソファーの正面には、仕事がバリバリこなせそうなオシャレなデスクが置かれています。

リビングの隣の部屋がベッドルーム。キングサイズのベッドの目の前には液晶テレビが置かれています。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブルーム

ベッドルームの奥は、これまた広い広いバスルーム!!シャワーブース、バスタブは当然セパレートで設置されているので、必要に応じて使い分けができます。

今回は、一泊だけでしたが、リビング、ベッドルーム、バスルーム、、、全部がデカイし広いし、移動が大変(笑)、、でしたが、プチリッチな気分で滞在できました!

プルマンバンコクホテルGのエグゼクティブラウンジをチェック

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

部屋を一通りチェックしたあとは、再びチェックインをしたエグゼクティブラウンジがある27Fに戻ります。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジの広さは標準的、50人くらいは座れる感じです。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジといえば「カクテルタイム」、これを楽しみに今回は予約したので、早速ドリンクや食べ物などをチェックしてみます!

まずプルマンが私的に『◎』だと思うのが、スパーリングワインが置いてあること!

これは同じくバンコクにある、プルマン バンコク キングパワーのエグゼクティブラウンジも同様です。

さらにグレードの高いホテルならスパークリングワインどころか、シャンパンがあって当然なんでしょうが、1泊1万円台のホテルで揃えているところが『◎』だと思います!

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

おつまみ系は、ハム&チーズ系、カナッペなどに混じって、かなり本格的な寿司もラインナップ!日本人の口にも十分合うレベルです!

その他にもナッツ・スナック類、タイでは定番のフルーツも用意されているので、ガッツリ食べて夕食代わりに、、、なんて使い方も有りです。

リッチに滞在できて、夕食代も浮く、ホント最高です!!

プルマンバンコクホテルGのプール&フィットネスルームをチェック

プルマンバンコクホテルG プール

部屋とエグゼクティブラウンジの往復だけでも、ホテル滞在は楽しいのですが、せっかくならエクササイズもしたい!ということで、プルマンバンコクホテルGのフィットネス施設とプールをチェックしてみます。

ちなみに、フィットネス施設とプールは同じフロアにあります。

プルマンバンコクホテルG プール

プールサイドからは、バンコクの新スポットであるマハナコンタワーが見えます。

プルマンバンコクホテルGのエグゼクティブラウンジの朝食をチェック

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

ホテル滞在の締めくくりはエグゼクティブラウンジでの朝食!

混み合う時間帯を避けて9時前くらいにやってくると、空いていて良い感じ!スタッフに窓側の席へ案内してもらいました。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

朝食はカクテルタイム同様にかなり充実。ただ、エコノミークラスのホテルにも置いてあるチャーハンや空芯菜炒めのようなタイならではのホットミールは少ないかなという感じはしました。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

てんこ盛りにはせず(笑)、上品に盛ってみました。

プルマンバンコクホテルG エグゼクティブラウンジ

そして朝食の締めはスイーツ!これはスタッフにオーダーする形になります。

まとめ

プルマン バンコク ホテルGは、BTSチョンノンシー駅から5分くらいの場所にあって、交通の便的には問題なし!

スワンナプーム国際空港からだと、エアポートリンクとBTSにを乗り継いで60分、タクシーだと空いていれば30分台で到着できます。

夜遊びを楽しみたいたい方でも、シーロム駅周辺へは徒歩10分程度で、周辺には小泉元首相も訪れたという超有名レストタンのソンブーンをはじめ、レストランも豊富!

のんびりホテル滞在を楽しみたい方に、ぜひオススメしたいホテルです!


今、あなたにオススメ

-ホテル, タイ, 2017年8月台湾・タイ旅行記
-,

Copyright© キセキをキロク , 2019 All Rights Reserved.