バンコク・パタヤのKFCでお得に無料でWiFiを使うための設定方法

シェアする

KFC on khaosan road
KFC on khaosan road / andrijbulba

ノマドワーカーでも旅行者でも、海外での情報収集に欠かせないものがインターネット回線です。

タイであれば、SIMフリースマホさえ持っていけば、簡単にSIMカードを空港で購入することができます。

ただ、使っているスマホがSIMフリーではない、もしくはSIMフリーとか難しいことはわからないという方がいるのも事実です。

そこで今回は、タイのド田舎でない限り、どこでも見かけるKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)で無料でWiFi使う方法をご紹介します。

タイで肉といえば鶏肉である

仏教国であるタイでは、イスラム圏のように豚肉を食べてはいけないという縛りがありません。

実際タイ料理には豚肉がよく使われているのですが、タイで一番食べられている肉は鶏肉が断トツなのだそうです。

タイのセブンイレブンを運営していることで有名な、タイNo.1財閥のCPグループは、鶏肉生産、いわゆるブロイラーで成り上がったことで有名です。

日本のファミリーマート、そしてKFCにも鶏肉を提供しているCPグループは、タイ現地でのKFCも運営しています。

dsc_0548

今回はパタヤのビーチロードとセカンドロードにまたがるにように立地しているロイヤルガーデンプラザ・パタヤにあるKFCを利用しました。

24時間眠らない街、パタヤらしく24時間営業です。

dsc_0509

ちょうどビーチロード側に面しているため、海を眺めながら食事をすることができます。

ちなみに店内はかなり広いので、ランチタイムに行ってもガラガラに見えるほどです。

dsc_0507

ジュース1杯だけで利用するのは悪いので、セットメニューを注文してみました。

ジンジャーチキンバーガーは62バーツ、ポテトとコーラを加えても日本円で400円いかないくらいです。

dsc_0511

肝心のジンジャーチキンバーガー、、、鶏肉がはみ出すくらいのボリュームです。

dsc_0513

日本のKFCでいうチキンフィレサンドをイメージして食べると、、、味はかなり微妙です。

不味いか不味くないかと言われれば、不味い感じです。

ファストフードチェーンでハンバーガーを食べるなら、世界中のどこの店舗でも味が同じなバーガーキングが最強です。

KFCで無料WiFiを利用する方法

dsc_0514

味がいまいちなジンジャーバーガーを食べ終えたところで、早速無料WiFiに接続してみましょう。

①KFC_AISに接続する

dsc_0515

まずは飛んでいるWiFiに接続するところから始めましょう。

KFCの店内には『KFC_AIS』というWiFiが飛んでいるので接続しましょう。

②ブラウザを立ち上げる

00001

『KFC_AIS』に接続してブラウザを立ち上げると、FREE Wifiの接続画面が表示されます。

最初はタイ語で表示されていますが、左上にTH(タイ語)とEN(英語)の切り替えバーがあるので、EN(英語に)にしましょう。

『KFC WiFi MENBER』と『KFC CUSTOMER』のボタンがあるので、『KFC CUSTOMER』を押します。

③KFC CUSTOMER登録

00002

利用者情報を登録します。

タイ人以外の外国人が登録するのは以下の5項目です。

First Name
Last Name
or Passport Number
Mobile Number
E-Mail

ここで正直に自分の情報を入力する必要はありません!適当に入力しても無料WiFi利用は可能です!

全ての入力が終わったら『Resister』を押します。

④KFC Member登録選択画面

00003

画面が表示されている『Connect to Internet』を押すとWiFi利用可能な状態になりますが、利用は30分だけと限られています。

この画面で『Apply for KFC Member』を選択することで、1日あたりの利用時間を延ばすことができます。

せっかくですので、『Apply for KFC Member』を押してメンバー登録をしましょう。

⑤KFC Menber登録完了

point-blur_20160916_174001

『Username』と『Password』が表示されますので、メモするなりスクリーンショットで保存しておきましょう。

万が一利用中にWiFi接続が切れた時の再接続が楽になります。

『Connect to Internet』を押すとインターネットに接続できます。

⑥インターネットに接続

00005

ただ登録するだけでは30分の無料利用でしたが、メンバー登録すると120分利用することができます。

KFCでの電源の利用

dsc_0516

ロイヤルガーデンプラザ・パタヤにあるKFCには窓際に電源が完備されていますが、フードコートの一角などにある省スペース型のKFCだと電源が使えないケースもあります。

電源が必要な場合は、大きなショッピングモールにあるKFCを探しましょう。

まとめ

KFC_AISの登録作業自体は、2分くらいあれば終わるので簡単です。

ちなみに1回の登録でもらえる『Username』と『Password』で、他のKFCの店舗でも無料WiFiを利用することができます。

もし、120分以上使いたい場合は、一から別の情報で登録作業をし直せばOKです。

簡単登録で便利に使えるKFCのWIFI、インフラをタイの携帯電話会社AISが提供しているため、平均して下り3Mbps、上り1Mbpsくらいで安定しています。

ぜひタイで情報収集や連絡を取りたいときにお役立ててください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする