荷物を預けて身軽になれるアーリーチェックインのやり方!シンガポール・チャンギ空港編

シェアする

シンガポール・チャンギ空港・ターミナル3でのチェックイン

シンガポールでの滞在を終えて、次なる行先はマレーシアのクアラルンプール!

早速シンガポールのチャンギ空港にやって来ました。

チャンギ空港は世界のエアポートランキングで何度も世界一になる空港で有名ですよね。

特に免税店や航空会社のラウンジも充実しているので、できれば早めにチェックインしたいところです。

成田や羽田、関空・中部などANAやJALが拠点としている空港であれば、当日であれば何時間前でもチェックインOKですが、海外の空港だとそうはいきません。

ですが、チャンギ空港はシンガポールを拠点として航空会社以外でも、早めのチェックイン(アーリーチェックイン)を受け付ける航空会社が多数あります。

そこで、チャンギ空港でアーリーチェックインに対応している航空会社とやり方をご紹介します。

チャンギ空港でアーリーチェックインを受け付けている航空会社一覧(2017年11月4日更新の最新版)

航空会社ターミナル/カウンター受付時間
エアアジア(AK/FD/QZ)ターミナル4の4番カウンター
(2017年11月2日から)
5:30〜22:00
中国国際航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
エールフランスターミナル1の12番カウンター出発の4時間前から
エアインディアターミナル2の7番カウンター出発の4時間30分〜3時間30分前から(※便による)
ニューギニア航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
ANAターミナル2の7番カウンター出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
アシアナ航空ターミナル3の10番カウンター出発の14時間前から
河北航空ターミナル3の10番カウンター出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
バンコクエアウェイズターミナル1の11番カウンター出発の4時間前から
バティック・エアターミナル3の1番カウンター4:00~23:59の時間帯で同日出発便のみ受付可
ブリティッシュエアウィズターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
キャセイパシフィックターミナル4の6番カウンター
(2017年10月31日から)
4:30〜0:30
セブパシフィックターミナル4の3番カウンター
(2017年10月31日から)
出発の3時間前から
チャイナエアラインターミナル3の11番カウンター16:00~18:45の時間帯で同日出発便のみ受付可
中国東方航空ターミナル3の10番カウンター出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
中国南方航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
エバー航空ターミナル3の10番カウンター出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
エミレーツ航空ターミナル1の2番カウンター14:30~17:10受付可
エティハド航空ターミナル2の7番カウンター14:30~受付可
フィージーエアウェイズターミナル1の12番カウンター出発の7時間前から
ガルーダインドネシア航空ターミナル3の5番カウンター5:00~21:20の時間帯で同日出発便のみ受付可
日本航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
ジェットエアウェイズターミナル3の10番カウンター出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
ジェットスターアジアターミナル1の8番カウンター出発の12時間前から
ジェットスターターミナル1の8番カウンター出発の12時間前から
ジェットスターパシフィックターミナル1の8番カウンター出発の12時間前から
KLMオランダ航空ターミナル1の12番カウンター出発の4時間30分前から
大韓航空ターミナル4の2番カウンター
(2017年10月31日から)
16:30〜23:59
ライオンエアターミナル3の1番カウンター4:00~23:59の時間帯で同日出発便のみ受付可
ルフトハンザターミナル2の6番カウンター16:00~20:00受付可
マレーシア航空ターミナル2の9番カウンター出発の12時間前から(4:10~20:30のみ受付可)
マリンドエアターミナル3の1番カウンター4:00~23:59の時間帯で同日出発便のみ受付可
フィリピン航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
カンタス航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
カタール航空ターミナル3の8番カウンター出発の4時間前から
ロイヤルブルネイ航空ターミナル2の7番カウンター出発の12時間前から(8:30~23:59のみ受付可)
サウディアターミナル3の9番カウンター出発の6時間前から(6:00〜23:59受付可)
スクートターミナル2の10・11番カウンター出発の12時間前から
深セン航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
四川航空ターミナル2の7番カウンター8:30〜23:59受付可
シルクエアターミナル2の4番カウンター出発の24時間前から
シンガポール航空ターミナル2の2・3番カウンター/ターミナル3の4番カウンター出発の24時間前から
春秋航空ターミナル1の11番カウンター出発の3時間前から
スイスインターナショナルエアラインターミナル2の6番カウンター16:00~20:00受付可
タイ国際航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
タイライオンエアターミナル3の1番カウンター4:00~23:59の時間帯で同日出発便のみ受付可
タイガーエア (TR/IT)ターミナル2の12番カウンター4:00~23:59の時間帯で同日出発便のみ受付可
ターキッシュエアラインターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の12時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
中国西部航空ターミナル1の10番カウンター出発の3時間前から
JCインターナショナルエアラインターミナル4の1番カウンター
(2018年1月25日から)
出発の3時間前から
ベトナム航空ターミナル4の2番カウンター
(2017年11月7日から)
10:30〜19:30
ベトジェットターミナル3の10番カウンター
(2018年3月5日からターミナル4へ移転予定)
10:00〜18:15
※月〜金は10:00〜14:00
厦門航空ターミナル1の5番カウンター後にあるアーリーチェックインラウンジ出発の24時間前から(6:00~23:59のみ受付可)
※2017年10月31日のターミナル4開業と伴いキャセイパシフィックと大韓航空、2017年11月2日からセブパシフィックと春秋航空が、そして2017年11月7日からベトナム航空とエアアジア(AK/FD/QZ/Z2)が移転しました。春秋航空はターミナル4への移転を機にアーリーチェックインサービスを取りやめています。

尚、航空会社の配置が変更になるため、アーリーチェックインを利用される方は、最新の情報をチャンギ空港のオフィシャルWEBサイトでチェックされることをおススメします。

各社がしのぎを削る激戦路線シンガポール~クアラルンプール

今回利用するシンガポールとクアラルンプールの間には旅客便として

・シンガポール航空
・マレーシア航空
・オマーン航空
・ウズベキスタン航空
・シルクエア
・タイガーエア
・マリンド・エア
・ジェットスター・アジア
・エアアジア

フルサービスキャリアにLCCも加えた9社が参入しています。

さらに陸路を進む長距離バスもかなりの本数が走っています。

つまり首都同士を結ぶ激戦路線ということです。

今回はワンワールドメンバーであるマレーシア航空で、シンガポールからクアラルンプールまで飛ぶことにしましたので、ターミナルとカウンターを確認して、早速アーリーチェックインを行うことにします。

アーリーチェックインをやってみた

マレーシア航空のチャンギ空港ターミナル2を利用しています。
シンガポール・チャンギエアポート ターミナル2

ANAがターミナル2を利用しているので、日本人にもおなじみのターミナルです。

シンガポール・チャンギエアポート ターミナル2

自然光がターミナルに入る構造になっているため、明るくて機能的な印象があります。

シンガポール・チャンギエアポート ターミナル1

ただ、上から眺めてみると、今どきの最新空港ターミナルという感じはないですね。

さて、お目当てのマレーシア航空のカウンターはすぐに見つかりました。

シンガポール発の便が1日あたり10便を超えるマレーシア航空、、、よくよく考えてみればいつ行ってもカウンターオープン状態ということです。

ただ、カウンターは空いていても、荷物の預入ができない航空会社もあるため、アーリーチェックインサービスが空港として整備されているチャンギ空港はさすが世界一の空港だけあります。

SIN-KUL

発行されたのこちらの航空券!

ボーイング737-800のエコノミークラスでクアラルンプールまで行きます。

名前のところの肩書きが「Mr」ではなく「Dr」になっているのは、私が医者だからではなく、単なる登録ミスです。

しっかりチェックインの際に「Dr〇〇〇〇、、、、」と言われましたが、あれこれ突っ込まれることもなかったので問題なしです。

KUL-BKK

そして同時に、クアラルンプールから最終目的地のバンコクまでのチケットも発券してもらえました。

さくっと出国して行くところはもちろんラウンジ

チャンギ空港はターミナル1~3で構成されているとてつもなく広い空港です。

ターミナル間の移動はスカイトレインという電車か、足に自信がある人は徒歩でも移動もできます。

今回はエアベルリンゴールドメンバーということで、ワンワールド・サファイアステータスでラウンジを利用できます。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

ただ、ターミナル2にはラウンジが少ない!

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

案内板にあるのは、シンガポール航空のシルバークリスラウンジ(クリスフライヤーゴールドラウンジ)、SATSプレミアラウンジ、DBSアジアトレジャーラウンジのみ。

以前はマレーシア航空のゴールデンラウンジもあったようですが、マレーシア航空にいろいろな不幸があったため、経費節減のために閉鎖したようです。

現在はSATSプレミアラウンジがマレーシア航空指定のラウンジになっています。

せっかくアーリーチェックインをしたのに、同じラウンジでじっとしているはつまらないので、ワンワールドの牙城?であるターミナル1のブリティッシュエアウェイズラウンジ、そしてカンタスラウンジへ遠征することにしました!

まとめ

日本の空港でも顧客満足度を上げるために、ぜひ外国籍の航空会社向けのアーリーチェックインサービスを開始したらよいのでは?と思います。

そうすれば出国後にたっぷり時間をかけて買い物や飲食にお金を落としてくれるかもしれないですからね。

あとはハード面を強化して、日本を体験できるアトラクションをもっと用意してもらえれば、おもてなしには十分だと思いますが、、、、どんなもんなんでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう