SFCは本当に当日プレミアムエコノミーにアップグレードできるのか☆2016年5月東南アジア旅行記(1)

シェアする

ANA B787-9 プレミアムエコノミーシート

2016年のゴールデンウイークも後半に差し掛かった5月6日、シンガポールとタイを巡る旅に出発することにしました。

チケットは特典航空券と通常購入の航空券とのミックスです。

東南アジア旅行の発券

特典航空券 34,000マイル

NH841 羽田~シンガポール
NH848 バンコク~羽田

通常発券

MH616 シンガポール~クアラルンプール
MH796 クアラルンプール~バンコク

単純に羽田~バンコク、羽田~シンガポールの往復の旅でも良かったのですが、単純往復は何度もしているので、敢えてマレーシア航空の片道チケット挟む三角行程としてみました。

羽田空港国際線ターミナルに到着

2015年5月の羽田空港国際線ターミナル
さて、ANAの羽田発シンガポール行きの出発は10:55ですが、気合を入れて7:30に羽田空港国際線ターミナルに到着しました。

その理由はズバリ、プレミアムエコノミーをGETすること!

ANAスーパーフライヤーズ会員(SFC)に与えられた特権の一つが、ANAのプレミアムエコノミー搭載便でかつ、当日プレミアムエコノミーに空席がある場合は、無料でアップグレードできるというものです。

ANAのプレミアムエコノミー搭載機は以前から、777-300ER、777-200ERは主に欧米線に投入されておりアジア路線での投入はほぼ無し(あったとしてもプレミアムエコノミークラスをエコノミークラスとして開放)。

それが787-8や787-9の導入が進むことで、シンガポール、ジャカルタ、バンコク路線でプレミアムエコノミーとして販売されるようになりました。

要するに、欧米に行かない人間には縁がなかったプレミアムエコノミーが、東南アジア路線利用者も使えるようになり、そしてSFCにも開放されるようになったというわけです。

当日プレミアムエコノミーにアップグレードできたのか?

いよいよ決戦の時!SFCの特権であるビジネスカウンターに意気揚々と、そして内心ドキドキで乗り込みました。

「あの、、、、プレミアムエコノミーに空きはありますか?」

ここが運命の分けれ目、ダンディに平静を装い、あくまでも自然にカウンターのお姉さんに伺ったところ、、、、

HND-SIN

運よくプレミアムエコノミーGETできました!

もちろん出発前日からプレミアムエコノミーに空席がかなりあることはわかっていたのですが、なぜかWEBチェックインでのエコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードは不可、、、

きっとこれは、SFCではあるものの、ほとんどANAに乗らない罰当たりへの仕打ちかと、出発前日はやきもきしていました。

何はともあれ、SFCは朝早く空港に行って、空席があればプレミアムエコノミーをGETできたので、良いしとしましょう!

スキップしながら羽田空港国際線ターミナルの屋上へGO

2015年5月の羽田空港国際線ターミナル
上から目線でANAカウンターを見下ろして、飛行機見物のメッカである羽田空港国際線ターミナルの屋上デッキに向かいます。

2015年5月の羽田空港国際線ターミナル

子どもの日にちなんで、羽田空港国際線ターミナルには、鯉のぼりが泳いでいました(笑)

海外からの観光客には、このような日本的な演出って本当に受けますからね。

さて、屋上デッキ中から見下ろすと、

R2-D2 ANA JET B787-9

R2-D2 ANA JET ボーイング787-9が鎮座していました!

実はこの目でR2-D2 ANA JETを見るのは初めて!

R2-D2 ANA JET B787-9

ズームしてじっくりとカメラに収めさせていただきました。

そして目をターミナル拡張側に向けてみると、

2015年5月の羽田空港国際線ターミナル

JALが3連単で並んでいました。

JALの国際線には生まれてこの方一度も搭乗したことがないので、いつか乗りたいとは思っているのですが、未だに夢は叶っていません。

別に嫌いなわけではなのですが、、、、

まとめ

『SFCの当日プレミアムエコノミーへのアップグレードは、、、できる』

これが結論ですが、ただし空席があればの話です。

羽田~シンガポール線は、ビジネスでの利用者多い路線のため、平日でのアップグレードは難しいという話も耳にします。

今回はたまたまゴールデンウイーク中だったため、プレミアムエコノミーに空席が多かったのかもしれません。

さて、飛行機見物は十分したので、とっとと出国して朝食をいただきにラウンジへと移動します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする