バニラエアらLCC8社によるバリューアライアンス設立

バニラエア
2016年5月16日、日本でも定着してきたLCC(格安航空会社)に新しい動きがありました。

ANAが100%を出資する子会社であるバニラエアと、アジア太平洋のLCCが、航空連合バリューアライアンス(VALUE ALLIANCE)を設立したと発表しました。

一体バリューアライアンスとは何なのでしょうか?そしてどのような付加価値が利用者にあるのでしょうか?

LCC航空連合バリューアライアンスとは?

LCC航空連合バリューアライアンスは、当初は8社で結成され、その後スクートとタイガーエアの合併を経て現在は7社で構成されています。

LCC航空連合バリューアライアンスのメンバー

日本

バニラエア

韓国

チェジュ航空

フィリピン

セブパシフィック航空

タイ

ノックエア
ノックスクート

シンガポール

スクート

オーストラリア

タイガーエア・オーストラリア

ノックエア

バリューアライアンス顔ぶれを見ていると、バニラエアはANA系、タイガーエア・オーストラリア、スクートはシンガポール航空系、ノックエアはタイ国際航空系、ノックエアスクートはシンガポール航空とタイ国際航空の合弁など、スターアライアンス系の子会社LCCの連合のようにも見えますが、一方でセブパシフィック航空やチェジュ航空は独立系LCCも連動に入っています。

バリューアライアンスのライバルはエアアジアとジェットスター?

エアアジア

東南アジアを中心に、巨大な勢力を持つエアアジアグループ、ジェットスターグループのいわゆるLCC二大巨頭がすでに力を持っているため、バリューアライアンスはこのLCC二大巨頭に立ち向かう第三の勢力を見ることもできますね。

LCC航空連合バリューアライアンスのメリット

近い将来、バリューアライアンスの加盟各社間で、WEBサイトを通じた乗り継ぎルートの案内や運賃表示、座席指定、追加手荷物、機内食選択も行われるようになるようです。

エアアジアグループ、ジェットスターグループのWEBサイトでは当たり前だったことが、バリューアライアンス加盟航空会社間でも利用できるなると、俄然便利になりますね。

まとめ

バリューアライアンスは、エアバスA320型機をはじめとする計174機で、アジア太平洋地域の160以上の都市に就航している巨大航空会社連合として、華々しくデビューすることになりました。

今後は、その他LCCがバリューアライアンスに加盟するかどうかが注目ですね。

バリューアライアンスと関連があるところではタイガーエア台湾、日本人がよく利用するANA系のPEACH、そしてエアプサンなどの加盟動向が気になります。

そしてインドネシアにはライオンエアという規模の大きなLCCもあります。

フルサービスキャリア(FSC)のスターアライアンス、スカイチーム、ワンワールドの3大アライアンスのように、世界規模でのLCC航空会社連合が出来上がるのか、バリューアライアンスの今後に注目です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


フォローする