羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジで食事☆2016年5月東南アジア旅行記(2)

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジ

早朝8時台、そしてGW後半のためか、羽田空港国際線ターミナルの出国審査はガラガラ!

並んでいても1人、2人くらいなのですが、あと2年で期限を迎えるパスポートの残りページが少ないため、自動化ゲートで出国審査を済ませてしまいました。

出国してからのお待ちかねはやっぱりラウンジ!

ANAラウンジカードとチケットを片手に、110番搭乗口前にあるエスカレーターを登りました!

羽田空港国際線ターミナル110番搭乗口にあるANAラウンジ

出国審査同様、ANAラウンジも人はまばら!そのおかげで気兼ねなく取材活動をすることができました

DSC_0578

110番搭乗口前のANAラウンジの左手奥は、後になって拡張されたエリアで、人が多い時には奥でのんびり過ごすのがベストです。

ANAラウンジの食事のラインナップ

お待ちかねの朝食会場へ向かいましょう。

まずは、本日の料理をチェックからスタートです。

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

焼きそば

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

唐揚げにフライドポテト(ケチャップはお好みで)

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

JALのビーフカレーに対抗して登場した、日本人の99.9%が大好きなカレー(でもチキン入り)

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

定番のおにぎりと巻きずし、そして稲荷ずし

DSC_0604

早く追加しないとなくなってしまう生野菜とポテトサラダ

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

羽田空港近くの工場で焼いているというパン

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジの食事

クラッカーやらフルーツポンチやら、、、、

いつものと変わらないANAラウンジの料理たちが並んでいました。

ただ、これだけで終わらないのがANA!JALに対抗するために用意したのがヌードルバー!

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジのヌードルバーメニュー

ヌードルバー開設当時は、うどんとそば、チキンカレーもこちらから出していましたが、折からの訪日客ブームのせいかのか、日本人の97.6%が大好きなラーメンもオーダーできるようになっています。

本日のANAラウンジでの食事内容はこれ!

DSC_0573

こちらのとんこつラーメンに唐揚げと野菜サラダという、控え目のものを取り揃えました。

DSC00030

せっかくのラウンジなので、朝からモリモリ食べたいところなのですが、前日の徹夜仕事が響いているのか食欲はあまりなし。

はじめてラウンジいただくとんこつラーメンとおつまみとビールだけのラインナップにしました。

どんこつラーメンは初めて食べましたが、ラーメン屋さんで出てくるような本格的なラーメンだったのが意外でした。

麺もしっかりしているので、キャセイパシフィックラウンジで出しているような、すぐ伸びてしまう麺ではありません。

DSC00031

プレミアムエコノミーの機内食(ANAはエコノミークラスと機内食自体は同じ)、そして機内で飲むアルコールもあるので、あくまでもあくまでも控えめに、、、

DSC_0607

そこで安藤水軍特別純米酒を

DSC_0610

ひっかける程度に抑えておきました。

ANAラウンジのカウンター

あとはメールのやり取りや、ブログのセッティングをしたりなど、旅の間集中して取り組めない仕事を片づけました。

まとめ

2010年に開業した当時のANAラウンジには、ヌードルバーはありましたが、唐揚げや焼きそば、チキンカレーなどのホットミールはありませんでした。

その後少しずつ食事内容を充実させて今に至っています。

実際のところ、JALのサクララウンジに追いついているのか言われれば、まだ追いついてはいないというのが正直なところでしょう。

スパークリングワインの提供がないところが、何とも惜しい点です。

日本の航空会社の代表、フラッグシップはJALではなくANAです。

今のうちにJALと互角、いやそれ以上のサービスをラウンジでも提供してほしいものです。

【自由に旅を楽しめる仲間を募集!】
旅をするように自由な人生のために、お金、時間、場所にとらわれないライフスタイルを手に入れたい方のために、初心者から始められるブログとメルマガで『10万円→30万円→50万円』と収入を増やす方法をお伝えしています。

無料で参加してみる
スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする