スワンナプーム国際空港でチェックイン&ボッタクリ空港価格に怒る☆2016年5月東南アジア旅行記(32)

Suvarnabhumi International Airport
Suvarnabhumi International Airport / hirotomo

この日の予定は、

10:25バンコク(BKK)-18:45羽田(HND)
NH848 エコノミー

です。

スワンナプーム国際空港には7:30に到着しました。

タイバーツが余っているので、缶ビールを買えるだけ買ってスーツケースに詰め込むことにしました。

出発階右端にあるファミリーマートで、缶ビールをかごに入れ始めて改めて気づいたこと!それがバンコク市内に比べて明らかに値段が高いことです。

概ね10バーツほど高いので、お土産にビールという方は市内で買われることをおススメします。

NH848チェックイン

スワンナプーム国際空港でANAチェックイン

本日搭乗するANAのカウンターをまず探すことにします。

スワンナプーム国際空港でANAチェックイン

スワンナプーム国際空港でのANAのチェックイン開始時刻は出発の3時間前からと公式ページにはありますが、案内を見る限りチェックインカウンターはオープンしていないようです。

スワンナプーム国際空港でANAチェックイン

すでに出発時刻の3時間前を切っているので、指定のLカウンターに行ってみるとチェックインは始まっていました。

どの列に並んでも同じくらい人もまばらですが、せっかくスターアライアンスGOLDなので、ビジネスクラスのカウンターに並びます。

BKK-HND

残念ながらNH848はビジネスクラスとエコノミークラスで構成されたB787-8で運航される路線のため、プレミアムエコノミークラスが設定されていません。

ビジネスクラスへのインボラも特になく、大人しくエコノミークラスに座ります。

ただ、このチケットを受け取った時点で、ある重要なことに気がつきました。

ラウンジインビテーションカードに『TG-CIP-BR LNG』と書かれている点です。

以前のラウンジインビテーションカードには、TG(タイ国際航空・ロイヤルシルクラウンジ)しか印字されていませんでしたが、いつの間にかCIPラウンジとBR(エバー航空ラウンジ)も利用できるようになったようです。

これまでCIPラウンジもエバー航空ラウンジも利用したことがないので、ロイヤルシルクラウンジとシルバークリスラウンジも入れて4か所もラウンジ散策ができます!

タイを出国

缶ビールの空港価格への怒りも忘れ、さっさと出国することにします。

スワンナプーム国際空港の朝8時前の荷物検査・出国審査はスムーズで、計20分くらいで突破できました。

まとめ

最初の朝食会場であるシルバークリスラウンジへ向かおうと、Aコンコース方面に歩いていると、レストランを発見!

そう言えば、タイ滞在中にヤムウンセンを食べていないことに気づいたので、軽く食べてからラウンジへ行くことにしました。

スワンナプーム国際空港の劇高レストラン

出てきたヤムウンセンはこちら。

「リトルスパイシー」と言って注文したにも関わらず、激辛ヤムウンセンが出てきました。

本当はここでビールを注文したいところですが、ヤムウンセンも含めて全てがバカ高い!

ヤムウンセンが250バーツ、ミネラルウォーターが80バーツ、、まさにボッタクリ価格です。

土産物も総じて空港価格で高いので、買い物は出国前の市内で済ませるのがタイでは良いようです。

気を取り直して、口の中のヒリヒリを早く冷ますために、急ぎシルバークリスラウンジを目指します。

【期間限定プレゼント】
旅をするように自由な人生のために、お金、時間、場所にとらわれないライフスタイルを手に入れたい方のために、初心者から始められるブログとメルマガで『10万円→30万円→50万円』と収入を増やす方法をお伝えしています。

無料で受け取る
スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする