香港国際空港に早朝に到着した時の暇の潰し方☆2015年12月タイ・ラオス旅行記(5)

シェアする

dsc00101

香港ドラゴン航空は想像よりも早く香港国際空港に着陸しました。

CX5397(KA232 OPERATED BY KA)
羽田01:00~香港05:25

飛行機を降りたのが5:00過ぎ、ほとんどの乗客は入国審査のほうに進みますが、8:05のチェンマイ行きに乗り継ぐために入国できません。

しかも残念ながらキャセイパシフィック、香港ドラゴン航空のラウンジの営業時間は5:30からなので開いていないということで、30分時間を潰すことになりました。

世界屈指の規模の香港国際空港も早朝5時はひっそり

dsc00102

利用したのがA320-200のため、てっきり小型機専用の北サテライト・コンコースに到着と思っていましたが、24番ゲートに到着しました(夜明け後に別途撮影)。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

到着フロアから出発フロアへ上がる前の手荷物検査の待ち時間は0分。

眠い目をこすりながら出発フロアにやってきたのですが、、、、広い通路には誰もいません。

ただ、各ゲートの近くにあるソファーへ行くと、乗り継ぎ客が横になっていました。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

一番早い出発便は、7:00発のスクートのシンガポール行き、続いて香港エクスプレスのチェンマイ行き、香港航空の沖縄行きと続きます。

肝心の8:05発の香港ドラゴン航空のチェンマイ行きは、この時点ではゲート未定状態でした。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

10:00台の便に至っては、キャセイパシフィックは大半の便がゲートが確定してはいますが、大半はゲート未定状態です。

キャセイパシフィックの香港ラウンジ、ザ・ブリッジを早朝に利用

2015年12月時点では、201~230番のサテライトはオープンしておらず、シャトルで遊びに行くことはできません。

キャセイパシフィックの香港ラウンジ、ザ・ブリッジを早朝に利用

キャセイパシフィックの最新ラウンジであるザ・ブリッジも、入口前のエスカレーターに敷居があるため当然ながら入れず。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

ターミナルが二股に分かれるあたり(Yの字の付け根)には、カフェや食堂、免税店があるのですが、早朝はどこも閉店しています。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

「それならば、プライオリティパスで入れるプラザプレミアムラウンジがあるじゃないですか!」という声も聞こえてきそうですが、パスポート並に大切なプライオリティパスを家に忘れてしまい、ラウンジには入れませんでした。

ジューン@東南アジア様より情報をいただき、プライオリティパスカードを持参しなくても、予めプライオリティパスのスマホアプリとカード情報を連携させておけば、スマホアプリ画面提示でラウンジ入室可能との情報をいただきました。

せっかく24時間営業しているのに、、、運の無さを嘆きました。

早朝の時間潰しはターミナルをうろつくか、座るか寝て待つしかない

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

出国審査を終えたあたりにある免税店が集まるエリアの上の階にフードコートがありますが、わざわざ歩いていくのも大変です。

香港国際空港に早朝到着したときの暇つぶしの方法

機内でもほとんど寝れずじまいで疲労感が半端ないため、大人しく36番ゲートのソファーでごろ寝することにしました。

まとめ

飛行機が早く到着するとラッキーなのですが、今回の早着ははっきり言って苦痛です。

今回の手持ち無沙汰の原因は、プライオリティパスを忘れたことに尽きます。

こんなことにならないように、プライオリティパスはパスポートと一緒に保管する、もしくはプライオリティパスのスマホアプリとカード情報を予め連携させておくのがベスト、、、ですね。

何だかんだ30分の暇な時間を乗り切れ、待望のキャセイパシフィックラウンジへ向かいます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする