世界遺産トプカプ宮殿は想像以上に見どころ満載だった☆2015年5月ポルトガル・トルコ旅行記(29)

DSC02216

トプカプ宮殿は、ボスポラス海峡とマルマラ海を臨む、イスタンブール旧市街にあり、歴代オスマン帝国のスルタンの居城です。

トプカプ宮殿の広さは70万平方メートルと東京ドーム15個分という広大な敷地で、中には住居スペース以外に、側室を住まわせたハレム、議会まであった、まさに政治の中心でした。

そんなトプカプ宮殿は、とにかく広大で全部見て回るのは1日では到底無理と言われています。

そこで時間のない方のために、4時間でトプカプ宮殿を見て回るポイントをご紹介します。

トプカプ宮殿の前にはアヤソフィアが鎮座

DSC02198

アヤソフィアは、ギリシア正教の教会として西暦360年に建てられ、今の形になったのが西暦537年という信じられないくらい古い建物です。

1435年のイスタンブール陥落後に、イスラム教の教会へと改装されました。

今回は時間の都合で中に入らず、外から見学のみです。

DSC02195

アヤソフィアから標識に沿って進むと、

DSC02197

トプカプ宮殿の敷地に入る入口が見えます。

DSC02199

時間は朝9時でまだ中には入れないので、しばし待ちます。

DSC02209

入口が開くと待ちに待った観光客がどっど中に入ります。

DSC02208

次に皇帝の門の手前にあるチケット売り場で入場券を購入します。

ちなみに入場券は窓口に並ぶと時間がかかるため、自動販売機で購入するのが良いとガイドブックに書かれていますが、トプカプ宮殿の開館前は稼働していないと係員に言われ、長い列に並ぶ羽目になりました。

DSC02210

送迎門にはスルタンの居城であることが書かれているそうです。

DSC02211

送迎門をくぐると、音声ガイドの貸し出しブースがあります。

きちんと日本語完備している点がうれしいです。

今回は地球の歩き方という強い味方がいるので、借りませんでした。

DSC02400

大まかな位置関係を確認したら、早速見学に向かいます!

ハレム

DSC02213

トプカプ宮殿の見どころの1つがハレムです。

写真の塔の名前は正義の塔で、ここからイスタンブール市内と宮殿を監視していたのだそうです。

DSC02216

それではハレムの入口から中に入ります。

DSC02217

天井や壁には黄金が装飾されています。

DSC02373

ハレムというと、絢爛豪華なイメージがありますが、中は青で統一された壁と部屋が無数にある建物です。

DSC02372

この中で女性は召使と共に暮らしていたとのことです。

DSC02382

ハレムの外には広大な愛妾のテラスがあり、イスタンブール市街を見下ろすことができます。

厨房

DSC02393

トプカプ宮殿で暮らす人々の胃袋を満たすための厨房も大切に保管されています。

DSC02394

厨房は全長70メートルという細長い建物です。

DSC02395

当日使われていた鍋の他にも、

DSC02392

鍋や皿も多数展示されています。

中には日本で作られ海を渡った皿もありました。

謁見の間

DSC02219

謁見の間は、スルタンが高官や将軍と話をする部屋です。

DSC02224

現在は、たくさんの絨毯が展示されるスペースになっています。

第4中庭とボスポラス海峡の眺め

DSC02228

トプカプ宮殿を取り囲む白色で統一された廊下も見事!絵になります。

DSC02230

第4庭園といわれる中庭を抜けると、ボスポラス海峡を眺められる場所にたどり着けます。

DSC02232

テラスからはアジア側を望むことができます。

DSC02233

テラスの下はカフェレストランになっています。

最高の眺めと食事を楽しむことができるベストスポットです。

DSC02237

遠くにはヨーロッパとアジアを結ぶ橋も見えます。

スルタンの私室

DSC02351

インペリアルホールという看板に従って進むと、

DSC02361

スルタンの私室があり、絢爛豪華という他ないほどの、装飾が施されています。

DSC02401

このスルタンの私室には。預言者ムハンマドのひげや剣、聖地メッカのカーバ宮殿の鍵など、広大なオスマン帝国を支配した証も展示されています。

トプカプ宮殿の場所と行き方

トプカプ宮殿

トラムヴァイのスルタンアフメット駅から徒歩7分

・開館時間:9:30~18:00(冬場は17:00まで)
・入場料:30TL
ハレムのチケットは別で15TLが必要

まとめ

見学すると半日以上は必要なトプカプ宮殿ですが、今回は2時間という制約の中で見て回ったため、じっくりと見学とはいきませんでした。

次回イスタンブールに行くときには、時間を確保してゆっくり見学したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする