リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas☆2015年5月ポルトガル・トルコ旅行記(10)

dsc00666

リスボン市内には、レストランやカフェがあちこちにあるため食事には困りません。

しかも、高級店から庶民派の食堂まで選択肢が多いのも嬉しい点です。

今回はリスボン旧市街の一角に佇むレストランというより、街の食堂のようなNova Coisas Boasというお店をご紹介します。

気軽に入れる雰囲気の店先

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

Nova Coisas Boasの入口は、日本に良くある弁当屋のような感じで、料理の値段や写真がペタペタ貼ってあります。

良い意味で気取っていないので、初めてでも気軽に入れてしまいます。

良い感じの店の雰囲気に安心

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

知らない街のレストランや食堂に入ると緊張するものですが、Nova Coisas Boasの店内はこじんまりしていて安心できます。

入店したのは朝11時と早かったせいか、お客さんの姿はありませんでした。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

ガラスのショーウインドウ―にはミネラルウォーターやジュースが、奥にはお酒が並んでいます。

夜にはバーとしても使えそうです。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

席に通されてメニューを見てみたものの、料理の数がかなりあるため、正直何を頼んで良いのか迷いました。

そこで店員さんに勧めれたのがコースメニューです。

Nova Coisas Boasのコースメニューは、ドリンクとメイン、デザートがセットで10.99ユーロとお財布にやさしい価格設定になっています。

EU圏からのお客さんが多いせいでしょうか、メニューは英語、ドイツ語、フランス語の3か国対応になっています。

ポークステーキのコースを頼んでみた

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

ポークステーキのコースを注文して、まず出てきたのがポルトガル特産のグリーンワインと変なスープです。

グリーンワインは微炭酸のすっきりした飲み心地の白ワインで、ポルトガルのレストランやカフェ、食堂には大体置いてあります。

変なスープは、海藻系のワカメスープのような見た目なのですが、妙にしょっぱく潮汁的な感じでした。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

グリーンワインをちびちび飲んでいると、メインが運ばれてきました。

大きな銀皿の上に、ライスとポーク、山盛りのポテトがドカンと乗ったボリューミーな一品です。

一見してポークが堅そうな感じがしたのですが、意外にするするとナイフで切れるので、良い豚肉を使っているなと思いました。

ライスはバターで炒めたもの、ポテトは普通のフライドポテト、どちらも味はGOODでした。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

最後のデザートはプリン。

塩辛い系の食事だったので、最後に甘いものをいただくと落ち着きます。

Nova Coisas Boasの場所と行き方

Nova Coisas Boas

Nova Coisas Boasは、リスボンのど真ん中の立地で、ボリューム的にも価格的にも満足できるので、おススメできるレストランです。

Nova Coisas Boasがあるはリスボンの路面電車28番線が通るコンセイサン通り沿いになります。

コンセイサン通りはレストランやカフェ、ワインショップ、土産物屋などがひしめく賑やかなエリアです。

ランチのあとはデパ地下へGo

ランチを済ませた後は、ポルトガルのローカルお菓子をお土産用に購入しようとエル・コルテ・イングレス というデパートにやってきました。

エル・コルテ・イングレスはポルトガルに1つしかない、ある意味貴重なデパートです。

リスボンのエル・コルテ・イングレスは、銀座や新宿のようなターミナル駅前に立地しているデパートというより、少し郊外にあるショッピングモール型デパートといった感じです。

雰囲気的に近いと思ったのは、東京・二子玉川にある玉川高島屋S・Cです。

エル・コルテ・イングレスは、衣料品から電化製品、DIY商品まで何でも置いてあるのが特徴なのですが、デパ地下・食料品も充実しています。

買い物を済ませて、バルで一杯やろうと地下にあるお店にやって来ました(店名は失念)。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

カウンターとテーブル席がありますが、料理がディスプレイされているカウンターに座りました。

目の前にはおいしそうなつまみが置かれています。

リスボンでランチに最適なレストランNova Coisas Boas

注文したは海老とアボカド、生ハムとポテチがセットになったもの、そしてビールはスペインのEstrella Galicia(エストレージャ・ガリシア)にしてみました。

昼間からバルでのんびりビールを楽しむ、、、旅の醍醐味です!

エル・コルテ・イングレスの場所と行き方

エル・コルテ・イングレス

地下鉄ブルーラインのサン・セバスティアン駅に直結しています。

まとめ

バルはリスボンの旧市街のあちこちにあるので、ふらっと入ってビールと一品料理だけでハシゴ酒を楽しむこともできます。

これもリスボンがヨーロッパの中でも物価が安いおかげです。

ぜひリスボンを旅される際には、バルと食堂をうまく使いましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする