エアチャイナ B737-800エコノミーCA980バンコク~北京搭乗☆2016年9月タイ旅行記(28)

シェアする

エアチャイナ B737-800

今回搭乗するのは日本への直行便ではなく、北京行きのエアチャイナB737-800です。

小型機であれば、短距離であれば良いものの、中距離で深夜便となると、少し不安になります。

果たしてどのようなフライトだったのか、早速レポートしてみました!

エアチャイナではお馴染みの遅延発生

独特の空間デザインが光るスワンナプーム国際空港は、夜になると最小限の明かりしか点いていないため、寂しい雰囲気となっています。

そんな空港のコンコースFを歩いて、CA980の搭乗ゲートに向かいます。

エアチャイナ B737-800

今回の搭乗ゲートはE6、出発は1:00発となっています。

搭乗時刻が0:20に設定されていたため、搭乗ゲートにやってきたのですが、まだ搭乗は始まっていませんでした。

エアチャイナ B737-800

上の通路から搭乗ゲートを見てみると、パイロットらしき3人が話し中のようでした。

天候不良や機体トラブルでもあるのではないかと、一瞬不安になりましたが、直後に聞こえてきたアナウンスによると、出発準備に時間がかかっているとか。

後で調べてみると到着自体が0:10だったらしいので、定刻1:00も出発は無理そうです。

エアチャイナ B737-800

搭乗ゲート側のソファーは、かの国の皆様で騒々しいので、通路にあるソファーでしばらくゴロ寝して待つことにします。

エアチャイナ B737-800

ゴロ寝して待つこと50分、1:10を過ぎたあたりで搭乗開始のアナウンスがありました。

ビジネスクラス、スターアライアンスゴールドメンバーからの優先搭乗の案内がありましたので、ありがたく先に搭乗させていただきます。

エアチャイナ B737-800

ただ、機内の乗り込む前で10分間も待たされてしまったので、優先搭乗開始の案内は考えてしてほしいものです。

エアチャイナのB737-800はモニターなし

エアチャイナ B737-800

往路の北京~バンコクがB737-800でしたので、予想していたことでしたが、復路も同じくモニターなしの機材でした。

中国人利用者が大半かと思っていましたが、意外にも西洋人が3割くらい乗っていました。

北京から乗り継いで北米やヨーロッパ方面に向かうのでしょう。

エアチャイナ B737-800

シートには予めクッションが置かれており、希望者のみ後ほどCAさんから毛布をもらえる仕組みになっています。

シート間隔はLCCではないので、多少の余裕はあります。

エアチャイナ B737-800

シートの座り後心地もいたって普通、シートモニターがないので、国内線に乗っている感覚になります。

エアチャイナ B737-800

飛行中に何かあっては困るので、しっかりと安全のしおりはチェックしましょう。

エアチャイナ B737-800

特におもしろいイラスト入りなども使われておらず、質実剛健なしおりです。

エアチャイナ B737-800

機内Wi-Fiサービスが3,000メートル以上の高度になると提供されるようです。

ただ、エアチャイナはスマートフォンは常時電源オフ(機内モード不可)ですので、利用できるのはタブレットやパソコンのみとなります。

スマートフォンで動画を楽しんでいると、ものすごい剣幕で電源を切れと注意を受けますので、注意しましょう。

お待ちかねの機内食は離陸後40分後から提供される

スワンナプーム国際空港を離陸したのは、定刻の1:00から1時間遅れの2:00過ぎ、そして機内食の提供が始まったのが2:40からでした。

エアチャイナ B737-800

軽い食事だと良いなと思っていたところ、運ばれたきたのは普通の量の機内食でした!

エアチャイナ B737-800

バンコク積み込みらしく、フルーツと生野菜サラダは安心して食べることができました。

エアチャイナ B737-800

問題のメインはチャーハンか麺の二択でしたが、チャーハンを選択しました。

ミックスベジタブルにチキンが入ったカレー風チャーハンですが、夜中に食べられるはずはなく、一口食べただけで残しました。

エアチャイナ B737-800

機内食タイムが終わると、おやすみタイムになります。

エアチャイナ B737-800

しばらく目を閉じていると眠っていたらしく、窓からの太陽で目が覚めました。

ただ眠れたのは1時間余りと、熟睡はできませんでした。

エアチャイナ B737-800

出発が1時間遅れたわりには、到着は定刻通り6:30という正確さ!

バンコク~北京の飛行時間が4時間30分ですが、スピードを上げれば3時間30分くらいで飛べるのでしょう。

エアチャイナ B737-800

残念ながら搭乗ゲートではなく、ターミナルに近い駐機場に着きました。

エアチャイナ B737-800

北京とは思えないようなきれいな青空でしたので、安心して朝の外の空気を吸いつつ、ターミナルへバスで移動します。

まとめ

早朝に北京に到着して、午前中に北京から日本各地へ向かうエアチャイナ便が多数設定されていますが、そこで気になるのが乗り継ぎのタイミングです!

到着便が集中する早朝は乗り継ぎゲートが長蛇の列になるため、余裕を持った時間の便を確保するほうが良いでしょう。

詳しい乗り継ぎは、北京首都国際空港ターミナル3での国際線乗り継ぎガイドを参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする