バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法☆2016年9月タイ旅行記(19)

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

バンコクとパタヤ間の移動として、安価で利便性が高いのがバスです。

特にバンコクのバスターミナルの中でも、BTS沿いにあり便利なバンコク東バスターミナルと、北パタヤバスターミナルを結ぶ路線は、バスの本数も多く特におすすめです。

今回は、バンコク東バスターミナル(エカマイバスターミナル)と北パタヤバスターミナルの詳細と、バスでのバンコクパタヤ間の移動方法をご紹介します。

エカマイバスターミナルは駅から徒歩3分

バンコクには、北バスターミナル(モーチット)、そして南バスターミナル(タリンチャン)、そして東バスターミナル(エカマイ)の主に3つのバスターミナルがあります。

北バスターミナルはタイ北部、東部方面、南バスターミナルはタイ南部方面、東バスターミナルはタイ南東方面の路線が集約されています。

3つのバスターミナルのうち、北バスターミナル、南バスターミナルはBTSやMRTでの直接アクセスはできないため、タクシーやバスを乗り継ぐしかないのですが、東バスターミナルはBTSエカマイ駅から徒歩3分という恵まれたアクセスのため、日本人旅行者でも利用しやすいと言えます。

エカマイの東バスターミナルは、BTSが通るスクンビット通り沿いにあるため、BTSの車窓から見ることができます。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

そのため初めて利用する際にも、道に迷うこともありません。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

バスターミナルの建物に入ると、行先別になっているバスのチケット売り場が並んでいます。

『PATTAYA』の文字を手掛かりにすれば、簡単にチケット売り場は見つけられます。

タイのバスチケット売り場では、直近で出発するバスチケットを販売します。

そのため、できるだけ早く出発したい場合には、特に何も言わずに『ONE・TWO』などのチケットの購入枚数を告げればOKです。

バンコク・東バスターミナル~北パタヤバスターミナル間のチケット代は108バーツです(2016年時点)。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

チケットには出発時刻とバスの車体番号、そして座席番号が印刷されています。

チケットは乗車時に車掌さんがチェックするので、無くさないようにしましょう。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

エカマイのバスターミナルの規模は、バンコク市内の北・南バスターミナルからするとコンパクトです。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

パタヤ行きは、主に①番乗り場からの出発になります。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

出発まで時間があると、バス乗り場に停車しているバスの扉は閉まったままになっています。

大体10分前くらいになると、バスの扉と荷台スペースを開けてくれます。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

念のため、チケットに印刷されているバスの番号が合っているかを確認しましょう。

バスは出発して20分ほどで、バンコク市内のバス会社の営業所のようなに寄るだけで、あとはノンストップで北パタヤバスターミナルまで走りますので、寝過ごす心配はありません。

北パタヤバスターミナルへのアクセスはソンテウかバイタク

パタヤには北と南にバスターミナルがあり、北バスターミナルはバンコク(東バスターミナル、北ターミナル行き)、タイ南東部、東北部行きがメイン、南バスターミナルはスワンナプーム国際空港行きになります。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

いずれのターミナルへのアクセスとも、乗り合いタクシーのソンテウ、もしくはバイタク(バイクタクシー)の利用になります。

上手くソンテウを乗り継げば、格安でパタヤの中心部から北バスターミナルまで移動することができます。

①ビーチロードとセカンドロードをグルグル巡回しているソンテウに乗る
②北パタヤロードとビーチロードが接する交差点で一旦下車する
③ノースパタヤロードを東方向に走るソンテウに乗る

②の交差点に客待ちのソンテウが停車しています(停車してしない場合は少し待てばやって来ます)ので、そちらに乗ればOKです。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

バスのチケット売り場に行先が書いてありますので、東バスターミナル行きであれば『エカマイ』、北バスターミナル行きであれば『モーチット』と日本語発音で言えば発券してくれます。

こちらも直近で出発するチケットを順番に発券する形になっています。

※混み合う午前中や夕方あたりは、出発まで1時間待ちなんてこともあるため注意しましょう。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

待っている時間を有効活用したいという方は、バスターミナルの食堂を利用するのも手です。

dsc_0555

英語表記のメニューもあるので、簡単に注文できます。

今回はグリーンカレー40バーツにしてみました。

なかなかスパイシーで美味しいかったです。

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

食事の最中にバスが出発したら困る!という方も安心してください!

食堂からバス乗り場の様子が見えているので、問題ありません!

バンコク(エカマイ)とパタヤを激安バスで移動する方法

バンコク行きは、東バスターミナル(エカマイ)、北バスターミナル(モーチット)の2路線があるため、バスのフロントガラスに『EKKAMAI』『MOCHIT』と書かれています。

さらに乗車時に車掌さんがチケットの確認をしてくれますので、乗り間違える可能性はほぼありません。

まとめ

タイのメインの移動手段はなんと言ってもバス!特に鉄道での移動が時間がかかり過ぎて現実的ではないバンコクとパタヤ間は、バスでの移動がポピュラーです。

バスというと「事故を起こするのではないか?」「時間がかかりそう」と心配される方もいるかもしれませんが、バンコクとパタヤ間は高速道路走行がメインで、速度も100キロ程度と安全です。

何よりも1人あたり片道100バーツちょっとで移動できるリーズナブルさは、タクシーで2000バーツ程度かかるのと比較になりませんので、ぜひバンコクを訪れた際は、パタヤに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう