スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン☆2016年9月タイ旅行記(25)

シェアする

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

バンコクから東京へは直行便で帰りたいところですが、今回購入したのが燃油サーチャージ込みで28,800円の成田~北京~バンコクという中国国際航空利用の格安チケットのため、一度北京へ向かいます。

中国国際航空CA980チェックイン

スワンナプーム国際空港到着は出発時刻の2時間30分前、ちょうどチェックインが始まった時間のようで、大勢の乗客が手続き待ちをしていました。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

しかも、ほとんどの乗客の預け入れ手荷物の量が半端なく、手続きにかなりの時間を要するようでした。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

こんなときに威力を発揮するのが上級会員制度!

管理人はANAスーパーフライヤーズ会員ですので、ビジネスクラスカウンターでチェックインが可能です。

混み合っていないビジネスクラスカウンターで、スムーズなチェックインをすることができました。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

バンコクから北京のCA980の出発時刻は1:00ですが、搭乗時刻は0:20と、通常の30分前よりも10分前倒しになっています。

737-800による運航のため、搭乗まで時間はそれほど要しないように思えますが、余裕を持たせた運用になっているようです。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

さらに北京から成田までのチケットも発券してもらいました。

バンコクで預け入れ手荷物は、北京で受け取ることなく、成田まで運んでくれます。

ちなみに北京での搭乗ゲートはTCI(=未定)となっています。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

チケットには、スターアライアンスゴールドである『NH*G』が刻印されていますが、カウンターでLouis’ Tavern CIP First Class Lounge(CIPラウンジ)へのインビテーションをいただけました。

スワンナプーム国際空港には、スターアライアンス系ラウンジとしてタイ国際航空、エバー航空、シンガポール航空のラウンジを使えますが、中国国際航空はLouis’ Tavern CIP First Class Loungeも指定ラウンジとしているようです。

中国国際航空と同様に、ANA搭乗時にもLouis’ Tavern CIP First Class Loungeへのラウンジインビテーションがもらえることを考えると、どうやらラウンジの混雑緩和のための措置なのかもしれません。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

以前と比べて、スワンナプーム国際空港での出国手続きは混雑も緩和され、30分あれば余裕で制限区域内に入ることができます。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

手持ちのバーツが残っているため、何か免税店で買っていこうと思ったのですが、タイならではという商品が少ないため、ざっと見物だけしてラウンジへ急ぎます。

スワンナプーム国際空港の制限区域内スペースでは夜を明かすことも可能

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

メインターミナルの広さが世界屈指というスワンナプーム国際空港は、ハード面で着実に利便性が上がってきています。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

ゆっくり休めるソファーがあちこちに設置されているので、深夜に到着して翌朝出発するような乗り継ぎ利用でも重宝します。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

さらにソファーの近くには、ユニバーサルタイプの電源コンセント、USBが用意されているので、充電の心配も不要です。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

コンコースE/F/Gの交点まで足を運ぶと、各社のラウンジを示す看板が並んでいます。

左からエールフランス、キャセイパシフィック、エバー航空のラウンジの看板です。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

いずれのラウンジも出国階の4階ではなく、搭乗階の3階に設置されています。

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

空港の案内板にもラウンジの案内があるのですが、

スワンナプーム国際空港で中国国際航空チェックイン

すでに閉鎖されているカンタスラウンジの表記が残されたまま等、案内運用はイマイチのようです。

まとめ

中国国際航空のチェックインということで、何か波乱でも起きないかと思っていましたが、チェックイン自体が拍子抜けするほどスムーズに終えることができました。

ただ、このあとラウンジで過ごしていると、常態化している北京~バンコクのCA979の遅延の割を食う形で、30分の遅延が決定しました。

成田~バンコクの格安チケットとして、中国系3社(中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空)が出回っていますが、北京、上海、広州などでの乗り継ぎ時間が短いと乗り遅れてしまい、次の便に回されることもあるため、乗り継ぎ時間に余裕がある便を選ぶことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう