サンプラーン象園へバスで行く方法と掟破りのショーの内容をご紹介☆2015年12月タイ・ラオス旅行記(35)

p_20151231_121857

サンプラーン象園は、バンコクから南西に1時間ほど行ったところにある象とクロコダイル、トラなどがいる動物園、さらに蘭などの植物園が一体になった施設です。

バンコクから往復で2時間、3~4時間あれば十分観光できるので、午後からの半日観光にピッタリの場所です(後述しますが、午前中の観光には、ショーの時間の関係上向いていません)。

「タイといえば象を見なければ」という方の中には、現地ツアーなどに参加する方も多いとは思いますが、自力で行くことに快感?達成感?を感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、サンプラーン象園でバスで行く方法と併せて、象園のショーの様子をご紹介します。

BTSシーロム線の終点バンワー駅からバスに乗る

p_20151231_105511

まずはBTSシーロム線、バンワー(Bang Wa)駅まで移動しましょう。

くれぐれも、BTSスクンビット線のバンナー(Bang Na)駅と勘違いしないようにしましょう。

p_20151231_105506

バンワー駅は、将来バンコクメトロのブルーラインが延伸開通する予定で、工事の真っただ中です(2016年時点)。

将来はアソーク、ファラボーン方面から乗り換え無しでバンワー駅に行けるようになるため、周辺はコンドミニアムをはじめとする開発ラッシュが続いています。

バンワー駅は高架上のため、バスに乗りために地上に降りましょう。

バンワー駅のバス乗り場

バス乗り場はこの辺りになります。

84-2

84-1

サンプラーン象園へ行くバスは『84』番です(車体カラーが違いますが、84番と標識が出ていれば、どちらに乗ってもOK)。

ただし、『84』番バスは『84』『84ก』番の2系統があります。

1478930938232

こちらの『84ก』番バスは、サンプラーン象園へは行きません!

1478742140180

84番バスは、サンプラーン象園へ行きます。

『84』番バスの横には、『Samphran Elephant Ground&Zoo』と書いてあります(一部のみとの情報を読者様からいただきました)。

バスに乗る前に必ず確認して、心配な場合にはバスを待っているタイ人や運転手・車掌さんに確認するのが確実です。

バスに乗り、車掌さんにサンプラーン象園行くことを伝えて、バス代を支払いましょう。

スマホやガイドブックなどでサンプラーン象園の写真を見せればOKです。

いざサンプラーン象園へ

サンプラーン象園

バンワー駅からサンプラーン象園前のバス停までは、早ければ40分、渋滞につかまれば60分くらいかかります。

p_20151231_115523

サンプラーン象園前でバスを降りたら、道路のちょうど反対側にあるバス停を確認しておきましょう。

バンワー駅へ戻るバスも84番です。

p_20151231_115635

大きな道路からサンプラーン象園のチケット売り場まで、300メートルくらい歩きます。

p_20151231_115943

行ったのは12月31日でしたが、混み合う感じではありませんでした。

タイ人にとって、12月31日は普通の休日みたいな感じなのでしょう。

入場料とショーの時間をチェック

p_20151231_120001

チケットは大人600バーツ、子ども350バーツで、全てのショーを何度でも見ることができます。

日本人は外国人価格、タイ人はタイ人価格となっています(タイでは良くあることですが)。

p_20151231_120033

大人と子ども料金の境目も、確認できるようになっています。

90cm未満は無料、90cm~130cmが子ども料金、130cm以上がおとなしく料金のようです。

そして、ショーの時間も確認しておきましょう。

サンプラーン象園のショー開始時間

11:00~(日曜・祝日のみ)

クロコダイルショー

11:30~(日曜・祝日のみ)

マジックショー

12:00~(日曜・祝日のみ)

エレファントショー

12:45~

クロコダイルショー

13:15~

マジックショー

13:45~

エレファントショー

14:20~

クロコダイルショー

15:00~

マジックショー

15:30~

エレファントショー

16:20~

クロコダイルショー

16:50~(日曜・祝日のみ)

クロコダイルショー

日曜・祝日は11:00から、平日・土曜は12:45がショーのスタートになるため、昼過ぎにサンプラーン象園に着くように移動するのがベストです。

p_20151231_120024

チケットとショーの時間を確認したら、早速入場しましょう。
p_20151231_120018
サンプラーン象園では、トラと記念撮影ができるアトラクション(別料金)もあります。

残念ながら、このときはトラが風邪を引いた?という理由で、記念撮影不可でした。

エレファントショーを見学

p_20151231_120501

エレファントショーは、3部構成になっています。

まずは、ショーに登場する象がお客さんの前で挨拶します。

p_20151231_121441

第1部は、よくありそうな象使いによるショーです。

p_20151231_121730

第2部は、サッカーショーです。

p_20151231_121750

各国の有名選手の番号をまとった象が、縦横無尽に動いてボールを蹴っていきます。

p_20151231_122035

大きな像ですが、意外に器用だと感じます。

p_20151231_121933

サッカーショーが終わると、一列に並んで挨拶をします。

このときに、バナナの売り子からバナナを買うと、象にエサやりをすることができます。

p_20151231_122142

サッカーショーを終えて、裏に引っ込みます。

p_20151231_122359

第3部は、タイの歴史スペクタクルショーといいますか、昔の戦争の様子を再現したショーがスタートします。

p_20151231_122411

象に乗っているのが王様なのでしょうか。

東南アジアでは、馬ではなく象が重用されたいたようです。

p_20151231_122421

ステージの奥にある城壁に向けて、攻撃をしかけるようです。

p_20151231_122432

写真では煙が見えていますが、攻撃と同時にあちこちで爆発の仕掛けがあり、迫力を感じます。

熱気が観客席まで伝わるので、見応えがあります。

p_20151231_122657

ショーは約30分ほど、あっという間でしたが、楽しむことができました。

クロコダイルショーがおもしろい

p_20151231_123212

エレファントジャパンが終わると、観客が隣のクロコダイルショーのある池の周りに移動します。

ショーの時間が被らないようになっている、観客のことを考えた構成になっています。

p_20151231_124644

観客席はなく、池を取り囲むようになっている通路から見学する形になります。

クロコダイルを身近で感じたい方は1階、全体を見たい方は2階が良いでしょう。

ショーが始まると、池にクロコダイルが放たれます。

p_20151231_124734

ワニ使いが泳いでいるクロコダイルを素手で捕まえて、真ん中のコンクリートステージに引っ張ります。

なんともワイルドです。

p_20151231_125104

ワニ使いが、クロコダイルの口を棒を使って開かせます。

そして、クロコダイルの口にワニ使いの頭を、、、、というショーです(笑)。

写真では伝わらない緊張感があるため、ぜひ現地で体感してください。

お腹が空いたらフードコートで食事もできる

p_20151231_132035

入口近くにフードコートがあるため、軽い食事を取ることもできます。

p_20151231_132552

このときは小腹が空いていたため、軽めの米粉麺をいただきました。

まとめ

今回、エレファントショー、クロコダイルショー、いまいちなマジックショー、食事を含めてサンプラーン象園には3時間ほどの滞在でしたが、すべてのアトラクション一通り楽しむことができました。

サンプラーン象園はバンコクから少しだけ離れているだけですので、数日バンコク滞在されるのであれば、行く価値があると思います。

記事で紹介しましたが、平日・土曜、日曜・祝日でショーの開始時間が異なる点は注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする