ホテル タイ 2017年8月台湾・タイ旅行記

アナンタラ バンコク サトーン宿泊レビュー|豪華ラウンジでスパークリングワインも飲めます

投稿日:2019年7月15日 更新日:

トラスケ(@lkardtheworld)です。

バンコクの中心部、オフィスビルが立ち並ぶサートンエリアにあるのが、アナンタラ・バンコク・サトーンです。

有名なルーフトップバー『ZOOM』には何度か足を運んだことがあったのですが、ホテルへの滞在は今回は初めて。

果たしてどんな感じだったのが、、、今回はエグゼクティブラウンジ『カサラ・ラウンジ』が利用できる部屋プランで宿泊した様子をご紹介します!

アナンタラ バンコク サトーンのエグゼクティブルームとは

アナンタラ・バンコク・サトーンでは、エグゼクティブラウンジを『カサララウンジ(Kasara Lounge)』と呼んでいます。

今回は『One Bedroom with Kasara Lounge』、大体15,000円〜20,000円くらいで宿泊できるプランでの宿泊です。

バンコクの5つ星ホテルの中でも、この価格帯でラウンジが利用できるプランがあるのは嬉しいです。

アナンタラ サートン バンコクホテルのカサラゲスト特典

カサララウンジ

毎日6:30〜22:30までラウンジオープン
・ラウンジでの無線LAN利用
・ラウンジのiPadの30分間利用
・ラウンジ会議室の2時間利用(1滞在あたり)
・朝食(ラウンジ or ホテル2Fの「100イーストレストラン」の利用を選択):6:30〜10:30
・スナック、フィレッシュメント、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク:11:00〜17:00
・イブニングカクテル:18:00〜20:00

部屋

・エスプレッソマシーン設置
・無線LAN利用
・滞在中の1回のスーツプレスサービス
・市内無料電話
・14:00までのレイトチェックアウト(空き次第)

アナンタラ バンコク サトーンの部屋をチェック

入口のドアを開けると、広さ的には20畳くらいのダイニング&リビングが一緒になったLDKが広がっています。

アナンタラ バンコク サトーン自体は古めの建物のようですが、部屋の中のインテリアなどはモダンなものになっているので、古臭さは感じませんでした。

エグゼクティブルームにふさわしく、広々とした作業用のデスクと座り心地の良い椅子が○。これなら滞在中の仕事も非常にはかどります!

ベッドルームもゆったりしたタイプ。LDKとは別にベッドルームにもテレビが付いています。

確か22階?の滞在だったと思いますが、部屋からの長めはホント最高!

夜になると、さらにさらに最高の眺めを楽しむことができます!

ちなみにシーロム方向の景色です。

アナンタラ バンコク サトーンのバスルームをチェック

バスルームはベッドルームからアクセスできるタイプ。シャワーブースとバスタブが分かれているタイプになります。

アメニティはブランドものではないオリジナルなものでした。

アナンタラ バンコク サトーンのプール・フィットネスルームをチェック

「バンコク滞在中はプールサイドでのんびり〜」という方のも多いと思いますので、アナンタラ バンコク サトーンのプール、フィットネスルームもチェックしてみました。

実はアナンタラ バンコク サトーンは、隣にあるサービスアパートメント?棟との2棟のようで、プールやフィットネスルームは両棟共有になっているようです。

プールはリゾート感は残念ながらゼロ、、、「とりあえずプール用意しています」という感じだったので利用はしませんでした。

フィットネスルームのほうも利用者は見かけず、貸切状態で利用できました。

アナンタラ バンコク サトーンのカクテルタイムでスパークリングワイン飲みまくり

チェックインしてから、部屋とプールなどのチェックを終えて、喉はカラカラ!

ということで、夕方のイブニングカクテルを楽しみたいと思います!

ホテルの最上階にあるカサララウンジでは、アフタヌーンティー、カクテルタイム、朝食を楽しむことがことができます。

意気揚々とカサララウンジへ入ろうとしたところ、ドアにはCLOSEの看板が!

実は宿泊した日は、団体さんがカサララウンジを貸し切ってイベントをしているとチェックイン時に告げられていて、「イブニングカクテルは、ロビー階にある『ジン・バー』というカフェダイニングを代替で用意しています」とのこと。

ということで、ロビー階の『ジン・バー』にやってきました。

イブニングカクテルスタートの時間が少し過ぎたくらいだったのですが、『ジン・バー』には既に利用者で満席状態!

カサララウンジに比べると席数も少ないので、まあ仕方がないですね。

気を取り直して、ファーストドリンクは、スパークリングワインをチョイス!

スパークリングワインをはじめ、アルコールは係の人にオーダーする形でした。

ただ、おかわりをどんどん薦めてくれるなど、カジュアルなサービスだったので気兼ねなくオーダーできました。

お酒に合わせるおつまみは、生ハム&チーズ類、カナッペ、揚げせんべい+チリソース、そして焼き鳥などなど、ガッツリではないものの、そこそこお腹いっぱいになる料理が揃っています。

実際にチョイスしたのはコチラ!好きなものを少しずつ、お行儀よくいただきました!

味はもちろん○!満足できるイブニングカクテルサービスでした。

アナンタラ バンコク サトーンのラウンジでの朝食

イブニングカクテルは使えなかったカサララウンジで、翌日の朝食をいただいてきました。

キャパシティもこの広さなら問題ありません!

料理の方はラウンジで用意されているものとしては標準的、写真にはありませんがタイ料理の定番であるパッタイ、グリーンカレーなどのホットミールも用意されています。

チョイスしたのはコチラ!

サラダに生ハムとサーモンに、焼きたてパンと搾りたてのフレッシュジュースをいただきました。

カサララウンジからの景色もこの通り!最高の眺めを見ながら優雅に朝食をいただけると、朝からパワーがみなぎります(笑)

まとめ

アナンタラ バンコク サトーンは、BTSチョンノンシー駅から徒歩7分くらいの場所にあるため、アクセス的も問題ない立地だと思います。

のんびりバンコクでの滞在をエンジョイしたい方に、ぜひオススメしたいホテルです!


今、あなたにオススメ

-ホテル, タイ, 2017年8月台湾・タイ旅行記
-

Copyright© キセキをキロク , 2019 All Rights Reserved.