メコンクルーズに現地参加ツアーで行ってみた【自力で行くには正直厳しい】☆2016年12月ベトナム旅行記(19)

シェアする

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

トラスケ(@lkardtheworld)です。

今回の旅行記は18日間の波乱万丈の行程になっています。全体の行程、利用した航空便、交通機関については、こちらのページにまとめていますので、気になる方はご覧ください。

ホーチミン郊外の人気観光スポットであるクチトンネル、メコン川クルーズを1日で楽しむことができるツアーに参加してきました。

前回は午前中のクチトンネル見学の様子をご紹介しましたが、今回は午後のメコン川クルーズ&ランチの様子をご紹介します。

クチトンネルからメコン川クルーズの拠点まで1時間30分の移動

メコン川クルーズはホーチミン南西にある近郊の町ミトーが拠点となるため、バスでクチトンネルから移動します。

1時間30分ほどのミトーまでの移動時間は、ツアー出発が早朝だったための寝不足解消に当てることができました。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

バスは、たくさんツアー会社の拠点になっているらしい船着き場近くの駐車場に到着!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

メコン川クルーズの大まかな予定とランチタイムの説明があったあと、

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

早速ボートでランチ会場に移動します。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ボートはお世辞にもキレイとは言えませんが、メコン川をクルーズする分には不足するものは特にありません。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

日本の川とか比べ物にならないほどの川幅があるメコン川には、観光ボートの他にも漁船や運搬船など、さまざまな船が行き来しています。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ボートに乗ること15分ほどで、ランチ会場である「Diem Phuong Restaurant」に到着しました。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ランチ会場であるレストランには大勢の観光客が訪れており、メコン川クルーズ御用達になっているようです。

レストラン

ツアーに参加しなくても、直接レストランに行くことができれば食事をすることはできます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

レストランに着いたからには。早速腹ごしらえを、、、と思っていましたが、なぜかガイドさんはレストラン前にあるお土産屋さんに誘導、15分ほどあれこれ商品説明を始めるではありませんか!

現地ツアーにありがちな、バックマージン目当てのお土産屋さん誘導かと思っていたのですが、実際のところレストランの席が用意される時間つぶしでした。

待ちに待った!メコン川クルーズのランチ

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

Diem Phuong Restaurantのランチ代はツアー代込のコース料理になっていますが、飲み物は別料金とのこと。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

せっかくなのでベトナムのビールでも、、、と思ったところ、すでに売り切れてないとのことで、タイガービールを注文することにしました。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

メコン川クルーズのランチと言えば、テレビ番組やガイドブックでもお馴染みの魚料理!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ライスペーパーの上に、手で豪快にちぎった魚と、きゅうりやハーブ、米粉麺などとをお姉さんが包んでくれます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

魚料理以外にも、揚げ春巻きや空芯菜炒めなど6種類の料理が出されました。

「特別すごい!」「高級!」というわけではありませんが、これはこれで満足できるものでした。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ランチを終え、いよいよ本格的なメコン川クルーズ観光がスタートです。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

続いてボートに乗ってやって来たのが、ココナッツキャラメル工場とお土産物屋さんが合体した施設です。

巨大な刀のような包丁で、キャラメルの塊をカットしていく様子を見ることができます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

工場横のお土産屋さんは、ランチを食べたレストラン前にあった工芸品ばかりのお土産物屋さんとは違って、キャラメルやアイスクリーム、酒などが中心です。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

うれしいことに、すべてが試食試飲可能という太っ腹ぶりなので、写真のハーブリキュールを

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ぐいっといかせてもらいました!味の方は、、、、お土産屋で購入したくらいなので間違い無しです!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ネタになるものがお好きな方は、蛇を漬け込んである、勢力増強に効きそうなメコンウイスキーもあります!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

「下戸なので酒はNGです」という方は、日本でも使えそうな?カラフルなハンモックも大量展示されていたので、こちらなんかがおすすめです!

観光馬車に揺られて川下りボート乗り場へ移動

お土産屋ものを冷やかしたあとは、馬車に乗って少し離れた川下りボートの乗り場まで移動となります。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ポニー?のような小さな馬が4〜5人を載せられる馬車を引いてくれます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

馬車が走るのは、地域住民も使っている生活道路のため、途中クルマやらスクーターやらとすれ違うという、おもしろ体験ができます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

馬車は約10分ほどで、ボート乗り場の入り口に当たる場所に到着。そこは都合の良いことに、のどの渇きを癒せるサトウキビジュースを売っている売店前という、、、、すべてが計算されている配置になっています。

メコン川クルーズ観光、、、おそるべし!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

川下りボートに乗るかと思いきや、なぜか蛇巻きつけ体験ができたり、

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

はちみつ即売会と

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

はちみつティーが飲めたり、

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

地元の有名な歌手の方?による民謡を聞きながら、

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

果物が食べられたりと、、、、観光ツアーらしくセオリー通りの飽きさせないアトラクションが用意されています。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

そしてメコン川クルーズのハイライト!というべき、ジャングルをボートで巡るクルーズ!

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

1艘あたり4〜5人ほど載せて、ジャングルの中の水路をメコン川に向けて進んでいきます。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

途中には、学校帰りの地元の子どもたちが、水路に飛び込むというアトラクション?があったり、

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

ボートハウスに住んでいるであろう、子どもに手を振ってもらえるアトラクション?など、あちこちに見せ場がありました。

メコンクルーズに現地オプショナルツアーで行ってみた

小さなボートから大型ボートに乗り移って、バスが停まっている駐車場まで戻れば、メコン川クルーズはおしまいです。

まとめ

ランチ、お土産屋さん巡り、馬車乗り体験、ジャングルクルーズと、とにかく時が経つのも忘れるほどの、正味4時間程度に凝縮されているのがメコン川クルーズツアーになります。

行った私だから言えることですが、、、、ホーチミンに観光で来たら、絶対にメコン川クルーズツアーには参加すべきです!!!!

ホーチミン市内までミトーから約1時間ほど、我々一行がホーチミン市内に戻ってきたのが夕方6時30分でしたので、他の日も大体同じくらいの時間に戻ってこれると推定されます。

ミトーまではホーチミンからローカルバスで移動することは可能ですが、今回紹介したように効率よく観光スポットだけを廻ることは難しいかもしれません。

そう考えると、安心の日本語ガイド付きのツアーに参加するというのがおすすめです!

今回はスケッチトラベル・ベトナムさんの、午前クチトンネル+午後メコン川クルーズがセットになったツアーでしたが、メコン川クルーズだけのツアーもありますので、予定に合わせて参加されてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする