イスタンブールB級グルメトウモロコシ・ケバブ・トルコアイス3連発Turvan Kebap☆2015年5月ポルトガル・トルコ旅行記(30)

イスタンブールの市場dsc01707

トルコ料理といえば、誰が言い出したのかわかりませんが、世界三大〇〇というのがあります。

料理の世界でいえば、世界三大料理はフレンチ、中華料理、そしてトルコ料理となっているようです。

どうやらフレンチ、中華料理、和食が世界の三大料理と思っていたのは、料理の鉄人のせいみたいです。

それはそれとして、アジアとヨーロッパの交点であり、地中海の温暖な気候の恵みを受けた食材も豊富、まさに食文化を育む環境が整っているのがトルコです。

トルコ料理も高級なものから庶民的なものまで様々ですが、今回は屋台でも提供されているトウモロコシ、ケバブ、トルコアイスをご紹介します。

なぜかトウモロコシ屋台がやたら多いイスタンブール

DSC02437

トウモロコシといえば北海道!という感じがしますが、よくよく考えていれば中国でもタイでもポルトガルでも、世界中どこでも見かける食材です。

DSC02438

イスタンブールでは、焼きトウモロコシ、茹でトウモロコシの2タイプが屋台で並んでいます。

生のトウモロコシを炭火でじっくり焼いたものか、塩の入ったお湯で茹でたものか、、、迷った末に

DSC02441

焼きとうもろこしを購入しました!

早速かぶりついてみると、、、、、、とにかく堅い!しかも歯に詰まるのが半端ない!

そもそも日本で食べている焼きとうもろこしを想像して食べると、落胆すること間違いなしという一品になります。

これは屋台が悪いのではなく、とうもろこしの品種の問題なのかもしれません。

従ってイスタンブールでとうもろこしを食べるのは、あまりお勧めできません。

トルコと言えばケバブでしょう

日本中に見かけるようになったケバブを出すレストラン、そして移動式の屋台ですが、実際のところ日本でケバブを食べたことはありません。

従ってケバブを今回食べるのが初体験となります。

DSC02460

とうもろこしが歯に詰まった状態でふらふら歩いていると、蒸気機関車が展示されているスィルケジ駅がありました。

スィルケジ駅は、あのオリエント急行の終着駅となっている由緒正しき駅で、さらにアジア側へ行けるマルマライ線の駅も地下にあります。

スィルケジ駅はトラムヴァイでもアクセスできます。

DSC02461

スィルケジ駅前はホテルやレストランが集まる賑やかなエリアになります。

DSC02464

トラムヴァイは歩道ギリギリを通っているのが、このあたりの名物になっています。

DSC02465

車両自体は最新のもので乗り心地は申し分ありません。

DSC02467

そんなこんなで数あるレストランから選んだのが、
DSC02470

オーナーがチャーミングなTurvan Kebapというレストランです。

ケバブライスが旨い

20150510_134350

焼きとうもろこしを食べた直後のため、ケバブライスだけを注文しました。

DSC02471

牛肉にしっかり味が付いているので、調味料を足す必要はありません。

20150510_140653

最後はサービスでお茶も出してもらえました。

日本人は大歓迎ということなので、スィルケジ駅近くにお越しの際はどうぞ。

Turvan Kebapの場所

Turvan Kebap

締めはトルコアイスで決まり!

DSC02495

デザートの締めはやっぱりトルコアイスですよね。

日本でもアイスを乗せたカップをお客に取らせようとして、取らせない、というパフォーマンスを結構やっているのを見ますが、イスタンブールでも健在です。

なんでもトルコアイスが伸びるのはサイハイランという植物のでんぷんをアイスに練り込んでいるのだからなんだとか。

味に独特のコシのようなものがあるため、結構食べごたえがあるのもうれしいです。

DSC02496

イスタンブールの観光にトルコアイスは欠かせない存在です。

まとめ

本来であれば、トルコB級グルメは、サバサンド、ケバブ、トルコアイスとしたいところですが、サバサンドは別記事があるため、敢えてとうもろこしを代わりに紹介しました。

どれも安く気軽に食べられるものですので、ぜひイスタンブールにお越しの際は食べてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする