シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos☆2015年5月ポルトガル・トルコ旅行記(15)

ペーナ宮殿から、再びシントラを走る434番(シントラ駅~王宮~ムーアの城跡~ペーナ宮殿~王宮~シントラ駅)バスで王宮に向かいます。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

王宮への入場は時間がないために今回はパスしたため、外観撮影のみに終始しました。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

王宮の前には門前町のような感じの土産物屋、カフェやレストラン、ホテルが集まっているエリアが広がっています。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

昔懐かしいオルゴールで踊る人形を操るおじさん。

古き良き時代を感じます。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

白馬に引いてもらう場所もありますが、こちらはチャーターです。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

時間は昼に差し掛かるときのせいか、どのレストラン、カフェ共に満員!

お腹を空かせてさまよううちに、シントラ駅の近くまで歩いてきました。

Restaurante Casa dos Frangosは地元民に愛される店

そして偶然見つけたのが、激旨食堂のRestaurante Casa dos Frangosでした。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

店構えはシンプルですっきりした感じです。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

ランチタイムなのですが、店内にお客さんはゼロ!

入ってちょっと不安になりました。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

ランチタイムはとりあえず開けている程度で、夜になると賑わう店なのかもしれません。

かなりの大所帯でも入店可能です。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

壁に飾られたワインがおしゃれです。

店内を一通り撮影したところで、肝心の注文です。

喉が渇いていたのでまずはグリーンワインを注文、何を食べるかはあとで決めることにしました。

ポルトガルの名物のグリーンワインが登場

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

お待ちかねのグリーンワインががパンと一緒に運ばれてきました。

デキャンタで3.4ユーロと日本ではまずあり得ないような良心的なお値段が最高です。

少々酸っぱい風味に微炭酸で加わり、スッキリした味わいです。

渇いた喉を潤したところで料理の注文です。

あれこれ迷った挙句、店のおばさんにおすすめを聞いちゃいました。

すると「チキン&ポテト」を推してくるので、それを注文しました。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

そして10分ほどして出されたものがこちら!

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

鶏の胸肉ともも肉をフライにしたものと、てんこ盛りのサラダとポテトという大満足セットです。

このボリュームで7ユーロというのが、またまた良心的です。

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

夢中でチキンを頬ばり、グリーンワインを飲み干して完食しました!

2人で1皿でも十分な量です!

シントラの激旨食堂Restaurante Casa dos Frangos

お会計も極めて明瞭!メインとワインで10.4ユーロでした。

Restaurante Casa dos Frangosの場所と行き方

Restaurante Casa dos Frangos

シントラ駅前は一方通行で、並行する形で一段下に逆側の一方通行路があります。Restaurante Casa dos Frangosはシントラ駅の一段下の道路沿いにあります。

シントラ駅の駅舎を出ると下に降りる階段があるため、そこを経由すると3分ほどで到着できます。

まとめ

シントラ駅前にもレストラン、カフェがたくさんありますが、どこも観光客で混んでいます。

それが一段下道路に降りると、観光客も人通り自体もまばらになります。

価格もボリュームもサービスも良心的なRestaurante Casa dos Frangosは本当におススメできるレストランですので、利用されてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


シェアする

フォローする