空港/ラウンジ情報(海外) シンガポール 2016年5月東南アジア旅行記

スカイトレインで空港探検!シンガポールチャンギ空港☆2016年5月東南アジア旅行記(15)

投稿日:2016年6月1日 更新日:

skytrain-copy
changiairport.com提供

チャンギ空港は2016年現在、3つのターミナルで構成されています。

一番古いのはターミナル1、最新はターミナル3です。

3つのターミナはスカイトレインと呼ばれる無人の電車で結ばれているので、ターミナル間の移動の時、搭乗が口が遠い時に重宝します。

ちなみにターミナル間は徒歩での移動、シャトルバスでの移動も可能です。

シンガポール・チャンギ空港のターミナル1にあるブリティッシュエアウィズラウンジカンタス航空ラウンジの訪問を終えて、ターミナル2に戻ります。

ターミナル1からターミナル2への移動

ターミナル1のスカイトレイン乗り場まで移動します。

シンガポールチャンギ空港ターミナル1

チャンギ空港の床は分厚いカーペット敷なので、転倒しても怪我せずに済みそうですが、スーツケースやカートの車輪が転がらないところが難点です。

シンガポールチャンギ空港ターミナル1

成田空港第一ターミナル1のように、チャンギ空港のターミナル1も開放的な窓からはよく飛行機が見えます。

ターミナル1の建物は年季が入っているのですが、きれいにリフォームされているので、使い勝手に問題はありません。

スカイトレイン乗り場に到着

シンガポールチャンギ空港スカイトレイン

乗り場の前に改札などはありません。

そして乗り場ごとに1つのターミナル行きしかないので、乗り間違えることはありません。

シンガポールチャンギ空港スカイトレイン

念のためにターミナル2行きであることを確認します。

DSC00313

スカイトレインの乗り場は相互発着できるようになっています。

このときは左側の先発列車が出発した直後でした。

DSC00312

音もなくすっと発車します。

DSC00309

目を凝らせばターミナル2の乗り場が見えています。

DSC00306

続いて左奥からターミナル3~ターミナル2を結ぶ電車がやって来ました。

DSC00305

どうやら2両編成のようです。
DSC00303

ターミナル2~ターミナル3は、2本の路線で結ばれています。
シンガポールチャンギ空港スカイトレイン

スカイトレインに乗り込む

さて、スカイトレインに乗り込ます。

車両の中はプラスチックのベンチが用意されていますが、席数は多くありません。

シンガポールチャンギ空港スカイトレイン

それでは出発です。

DSC00336

DSC00340

DSC00342

隣にはターミナル3~ターミナル2のスカイトレインが並走しています。

DSC00344

DSC00346

DSC00348

DSC00350

DSC00352

DSC00354

DSC00357

DSC00359

もうすぐ到着です。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

無事ターミナル2に到着しました。

乗車時間2分程度でしょうか。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

スカイトレインは乗り継ぎ客だけではなく、空港職員もよく利用しています。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

ターミナル2からは、ターミナル1とターミナル3行きが出ています。

時刻表はなく、何分後に出発する案内だけ掲示されています。

ターミナル2の雰囲気

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

ターミナル2は、森や小川に包まれたジャングルのようなリラクゼーションスペースが広がっています。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

人工空間とはいえ、木や花はよく手入れされています。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

心安らぐ空間です。

シンガポールチャンギ空港ターミナル2

近くにはシンガポール動物園のオフィシャルグッズが売られていますが、日本に比べて高いです。

まとめ

ターミナル1~2の移動だけですが、スカイトレインあり、人工の森ありと見どころがたくさんあります。

さらにリラクゼーションスペースに免税店といろいろ充実しているので、退屈しないのが流石ナンバーワンエアポートだけあります。

このあとは、マレーシア航空指定のターミナル2のSATSプレミアラウンジへ移動します。


今、あなたにオススメ

-空港/ラウンジ情報(海外), シンガポール, 2016年5月東南アジア旅行記
-

Copyright© キセキをキロク , 2019 All Rights Reserved.