仁川国際空港からA’REXでソウルへ行く方法と都心空港ターミナル利用方法☆2017年5月タイ旅行記(12)

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

トラスケ(@lkardtheworld)です。

アシアナ航空のバンコク発の深夜便で仁川国際空港へ到着し、乗り継ぎをして東京へ戻る予定を組もうとしたものの、仁川〜東京・成田がなぜか満席で取ることができず、代わりに仁川〜東京・羽田を確保することになりました。

ただ問題は、アシアナ航空の仁川〜東京・羽田は1日1便で20:50発である点です。

早朝7時前に仁川に到着して、夜の20:50まで空港内で過ごすのは、さすがに暇ですので、乗り継ぎ時間を利用してソウル市内まで出かけてみることにしました。

仁川国際空港からソウル駅まで空港鉄道 A’REXで行く方法

仁川国際空港からソウル市内へ行く方法は、バス(路線バス・KALリムジンバス等)、タクシー、鉄道の主に3つがあります。

今回は空港鉄道 A’REXを使って一路ソウル駅へ向かいます。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

その前に、ソウル観光でもはや必須アイテムとも言える、T-MONEYカードを購入することにします。

T-MONEYカードは、日本で言うsuicaカードのようなもので、鉄道や地下鉄、バスを始め、コンビニなどの支払いもこれ1枚で済ませることができる優れものです。

仁川国際空港でT-MONEYを入手するには、空港内のコンビニで購入するのが一般的でしたが、空港鉄道 A’REXのチケット売り場のT-MONEY専用の自動販売機でも購入できるようになりました。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

お馴染みのLINEスタンプキャラクター、LINE FRIENDSのムーンとブラウンをフューチャーした限定?パッケージ版を購入してみました。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

T-MONEYカードへの入金は駅の券売機やコンビニでも可能ですので、こまめに残額確認と入金をすると良いです。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

空港鉄道 A’REXは、仁川国際空港とソウル駅の間ノンストップの直通列車、そして各駅停車の一般列車2種類があります。

仁川国際空港発ソウル駅行きの詳細

直通列車

運行時間:5:20〜21:50の30〜40分おき
所要時間:43分
運賃:大人8,000ウォン

一般列車

運行時間:5:23〜23:40の10〜30分おき
※23:57発の列車は途中のデジタルメディアシティー止まり
所要時間:58分
運賃:大人4,150ウォン

空港鉄道 A’REXは、上野駅と成田空港を結ぶ京成スカイライナーとアクセス特急と同じような感じですが、運賃が日本に比べると圧倒的に安い点は評価できます(韓国は一般的に公共交通機関の運賃が安いですが)。

ソウル駅まで急いで行きたい場合には直通列車一択。途中駅の金浦空港駅、弘大入口駅などのソウル地下鉄の乗り継ぎ駅になっている駅を利用した場合は一般列車を選ぶと良いです。

日本人と中国人観光客が消えた明洞でランチ

ソウル駅まで直通列車で移動し、地下鉄4号線に乗り換えて、ソウル観光のかつでのメッカであった明洞までやって来ました。

韓流ブームの頃は日本人観光客だらけだった明洞。その後韓流ブーム終焉と共に日本人観光客と入れ替わるように中国人観光客が増えるようになりました。

そして2017年、、、、政治的な問題で中国人観光客が減っているせいか、人でごった返していた明洞は、かつての賑わいを失ったかのような、大人しい街になっていました。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

明洞にやってきたのは、ソウルに行くと必ず食べるソルロンタンの名店、神仙ソルロンタンに行くためです!

神仙ソルロンタンが日本人の間で有名になったのは、韓流ドラマ「華麗なる遺産」にお店が登場してからです。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

ソルロンタンは、牛の骨や内臓、すねなど長時間じっくり煮込んで出たスープ。この中に白いご飯を入れて、塩や胡椒で自分で味を整えていただきます。

飲みすぎ、疲れで荒れた胃に、優しいスープが染み渡るようで、病み付きになる味です。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

ソルロンタンと一緒に、マンドゥ(水餃子)も注文しました。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

韓国では定番のキムチはテーブルに備え付けられた容器に入っており、好きなだけ食べることができます。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

お腹がいっぱいなったところで、食後の散歩で明洞〜鍾路〜仁寺洞〜景徳宮と古き良きソウルを見て回り、地下鉄で江南の三成駅へ移動し、駅直結のCOEXモールに隣接した都心空港ターミナルにやって来ました。

都心空港ターミナル(CALT)でチェックイン手続き可能な航空会社

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

都心空港ターミナル(CALT)は、仁川国際空港・金浦空港以外の市中でチェックイン(インタウンチェックイン)ができる施設になります。

仁川国際空港での乗り継ぎ6時間でソウルを観光

搭乗券の受取はもちろんのこと、手荷物を預け入れ、さらに出国手続きまで行うことができるため、各空港では特別な手荷物検査レーンを経て、短時間で制限区域内に入ることができます。

都心空港ターミナルでチェックイン手続き可能な航空会社(仁川国際空港・金浦空港)

スターアライアンス

・アシアナ航空
・タイ国際航空
・シンガポール航空
・ユナイテッド航空
・エアカナダ

スカイチーム

・大韓航空
・デルタ航空
・エールフランス
・KLMオランダ航空
・中国東方航空
・中国南方航空
・上海航空

ワンワールド

・日本航空
・カタール航空

ノンアライアンス

・MIATモンゴル航空
・フィリピン航空
・チェジュ航空

日韓線は、大韓航空とアシアナ航空、チェジュ航空、そして日本航空がインタウンチェックインを利用できます。

都心空港ターミナルからは仁川国際空港行き、金浦空港行きのリムジンバスに乗れば、途中ノンストップで空港へ迎向かえます。

まとめ

ソウルでの乗り継ぎの時間を使って、仁川国際空港から空港鉄道でソウル市内向かい、食事&観光して、都心空港ターミナルからリムジンバスに乗って仁川国際空港へ戻る、、、というプチ滞在を楽しんできました。

仁川国際空港からソウル市内の往復に余裕を見て3時間、さらに食事や観光に2時間の合計5時間程度の乗り継ぎ時間があれば、空港滞在よりもソウル市内観光をオススメします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


フォローする