ThinkPad X260のPgUp(Page Up),PgDn(Page Down)キーを変更・無効化する方法

dsc_0046

バッテリー持ちが半端ないビジネスThinkPad X260ですが、使っているとイライラすることもあります。

キーボード操作に慣れたPCから新しいPCに買い替えた直後というのは、誰しも操作に戸惑うものです。

ただ、X260のキーボードに付いている『PgUp』『PgDn』両キーの配置が、どうにもやりにくいのです。

そこで、『PgUp』『PgDn』両キーを無効にする方法を試してみました。

ThinkPadシリーズの『PgUp』『PgDn』の配置は謎

そもそも『PgUp』『PgDn』両キーが配置されている場所が、『←』『→』カーソルキーの真上のため、『→』を押したつもりが『PgDn』を押していて画面が下に送られてしまう、、、なんて事態になったのです。

ほとんどのWindowsPCは、『←』『→』カーソルキーの真上には何もキーがないのが普通です。

最初は慣れれば平気だと思っていたのですが、「いちいちキーボードを見ながら文章を打つのは効率が落ちるので何とかしたい!」そう思って、キー自体を入れ替えられるツールを探して、いっそ『PgUp』『PgDn』両キー無効にしてしまうと考えたわけです。

家電量販店でX260以外のThinPadを見てみると、『PgUp』『PgDn』キーは『←』『→』カーソルキーの真上にあることを発見!これが最適だという判断の元で配置されたのでしょう。

今回キー無効ツールとしてお世話になったのが、KeySwap for XPです。

KeySwap for XP起動には管理者として実行が必要

ThinkPadのpage up,page downキーを無効にする

KeySwap for XPはWindows 10でも問題なく使えるのですが、キーボードの設定を変えるレジストリをいじるツールのため、管理者としての実行を起動時に求めてきます。

KeySwap.exeをダブルクリックして起動ではなく、右クリックでコンテキストメニューを表示させて、その中にある『管理者として実行』から起動しましょう。

ThinkPadのpage up,page downキーを無効にする

KeySwap for XPの画面は極めてシンプル、キーボードのキーの無効化と入れ替えができるようになっています。

ThinkPadのpage up,page downキーを無効にする

X260で邪魔な『PgUp』『PgDn』を無効にしてみます。

まず、【キー名】に左側のキーボードの選択ボタンから『PgUp』と『PgDn』セットします。

次に【変換キー名】のところには何もセットしません(これで無効化)。

あとは左上の終了ボタンを押せば、KeySwap for XPでの操作は終了です。

ただ、このままではレジストリの書き換え自体は行われていないため、必ずwindowsの再起動が必要です。

『PgUp』『PgDn』を無効したものの、どうもしっくりしない

『←』『→』を押したのに『PgUp』『PgDn』を押していて困っていたので、『PgUp』『PgDn』自体を無効にしてみたのですが、『PgUp』『PgDn』を押しても何もアクションが起こらないため、確認のためにキーボードを目で確認する羽目になり、何かしっくり来ません。

そこで『PgUp』に『←』、『PgDn』に『→』を設定してしまいました。

ThinkPadのpage up,page downキーを無効にする

やり方は『PgUp』『PgDn』の無効と途中まで同じ、違うのは【変換キー名】に画面左側のキーボードから『←』『→』をセットして、左上の保存とWindowsの再起動をするだけでOKです。

まとめ

管理人の場合は、これでX260 のキーボードで煩わしいと思っていた問題から解放されました。

他のThinkPadをお使いの方でも、今回紹介した方法で問題解決できると思います。

お悩みの方はぜひ自己責任になりますが、お試しください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう