MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

トラスケ(@lkardtheworld)です。

MacBook Pro 2017を購入して2週間、WindowsとMacの違いに四苦八苦しながら、操作にもようやく慣れてきました。

しばらくの間はブラウザでの調べ物やブログ作成はMac、Office系のWord、Excel,Powerpoint、そしてWindowsでしか動かないソフトは従来のWindows PcであるThinkPad X260で行うハイブリッド戦略を取っていたのですが
、そろそろ完全にMacに作業を移行しようという思いに至りました。

そこで気になるのがMacBook Pro上でWindowsを動かすための仮想化ソフトの選定です。

MacBook ProでWindowsを動かすためには、無料で使えるBootCamp、有料のParallels Desktop、VMware Fusionの3つです。

BootCampは無料な点は良いのですが、MacとWindowsをいちいち切り替える必要があるので、使い勝手の点では今ひとつ、一方Parallels Desktop、VMware FusionはMacOS上でWindowsを起動させることができるので、シームレスに使うことができます。

今回はParallels Desktop、VMware Fusionのどちらが良いのか、バリバリのWindowsユーザーだった私には甲乙が付けづらかったため、価格の安いParallels Desktopを導入することにしました。

Parallels Desktop 12とWindows 10 Homeを購入

Parallels Desktopの2017年時点での最新バージョンはParallels Desktop 12になります。

Parallels Desktopは家電量販店でも販売されていますが、買うのであれば手軽で割引もあるAmazonを始めとするネット通販での購入がオススメです。

早速Parallels Desktopのパッケージは、店頭で販売されている箱のため、中にCD-ROMのようなインストールメディアが入っているのかと思いがちですが、

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

箱の中に入っているのは、シリアル番号とインストール方法が書かれた冊子のみになります。Parallels Desktop自体は専用ページにアクセスしてMacにダウンロードしてから、インストールします。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

Parallels Desktopと一緒にWindows10 Homeもネット通販でで購入しました。

店頭購入よりも確実に安くWindows 10を手に入れるのであれば、ネットで購入するのは一番です!

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

今回購入したのは、USBタイプのWindows 10です。こちらはシリアル番号は購入後のメールとインストールのしおりのような冊子のみというシンプルなパッケージ構成

Parallels Desktop 12をMacBook Pro 2017にインストール

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

専用ページからParallels Desktopのインストーラーをダウンロードして実行すると、自動的にインストールがスタートします。途中でParallels Desktopで動かすソフトウェアの選択でWindowsを選択すると、Windowsの入手方法・インストールメディアの選択画面が表示されます。

今回は予めWindows1oは入手済みですので、真ん中の「DVDイメージファイルからWindows/その他のOSをインストール」を選択します。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

次の画面で、インストールメディアの選択画面が表示されます。DVDからインストールする、マイクロソフトからダウンロードしたファイル(イメージファイル)、USBからインストールするかを選択できます。私の場合はUSBを選択します。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

ここでMacBook ProにUSBを差すと、Windows 10のプロダクトキーを入力する画面になります。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

次にWindows 10をインストールするロケーション(場所)を選択する画面になります。私の場合はデフォルトのままとしました。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

続いて32ビット、64ビットのどちらのバージョンのWindows 10をインストールするかの選択画面になります。32ビットでしか動かないソフトウェアをお使いの場合は32ビットを、そうでない場合は64ビットを選択しましょう。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

続いてParallels Toolboxのインストールになります。Parallels ToolboxはMac上での作業を便利にするツール群なので、インストールしておきましょう。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

Parallels Toolboxのインストールが終わると、自動的にWindowsのインストールが始まります。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

Parallels DesktopでWindows10インスール中に問題が発生

ここまでは特に迷うことなく、画面に沿って「次へ」ボタンを押していれば済むので「インストールなんて楽勝楽勝」と思っていたのですが、ここで問題が発生しました!

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

インストールの途中で、Windowsのライセンス認証画面が表示されたため、改めてプロダクトキーを入力するも、キーが違うと言われるではありませんか!

何度も正確なプロダクトキーを入力しているのに先に進めない、、、どうしたものかと思案すること5分間、試しに入力欄を空欄のまま「次へ」ボタンを押すと、、、

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

なんと先の画面に進めました!!!!何が悪かったのか不明ですが、とりあえず先に進めるようようなので、購入したライセンス通りの「Windows 10 Home」を選択して先ヘ進みます。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

その後Windows 10のインストールが続き、

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

こちらの画面が表示されれば、

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

MacBook ProでWindows 10が動くようになります。

MacBook Pro 2017にParallels DesktopとWindows10をインスールする方法

Windowsのシステム画面でチェックすると、プロセッサはMacBook Proと同じCPUが、実装RAMは2GBが割り当てられているようです。

まとめ

MacBook ProにParallels Desktop 12とWindows 10 Homeをインストールするのにかかった時間は20分ほど、想像よりも簡単でビックリしました。

早速、アフィリエイター御用達のWindows専用ソフトである「検索順位チェックツールGRC」「記事・文章コピペ検出チェックツール「コピペリン」を動かしてみましたが、特に問題なく動作しています。

「Macには憧れるけれど、Windowsでしか動かないソフトがあるからなあ、、」という方にとって、Parallels DesktopはMacへの移行をアシストしてくれる強い味方ですので、Windowsからに移行を狙っている方はぜひ使用を検討してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

今、あなたにオススメ


フォローする