仁川国際空港のサテライトにあるアシアナラウンジ徹底リポート☆2016年12月ベトナム旅行記(7)

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

今回の旅行記は18日間の波乱万丈の行程になっています。全体の行程、利用した航空便、交通機関については、こちらのページにまとめていますので、気になる方はご覧ください。

仁川国際空港をハブにしているアシアナ航空は、メインターミナル(第1ターミナル)とサテライトの2か所にラうジンを設置しています。メインターミナルのラウンジはアシアナ航空搭乗時に利用が制限されているため、それ以外の韓国籍以外の航空会社搭乗時はサテライトのラウンジ利用になります。

今回はエチオピア航空に搭乗するため、サテライトのアシアナラウンジを利用しました。

アシアナラウンジはスターアライアンス系以外の指定ラウンジになっている

アシアナラウンジは、ノンアライアンス、ワンワールド加盟航空会社、さらにプライオリティパスにもラウンジを解放しています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

スターアライアンス以外でアシアナラウンジを利用できる航空会社

ワンワールド加盟

・ブリティッシュエアライン
・カンタス航空
・S7航空

ノンアライアンス

・マカオ航空
・エアアスタナ
・ビジネスエア
・山東航空
・四川航空
・ハワイアン航空
・香港航空
・ベトジェット
・SAT航空
・スターフライヤー

ちなみにアシアナラウンジの向かい側には、ワンワールド加盟のキャセイパシフィックラウンジもありますが、なぜかブリティッシュエアウェイズ、カンタス航空、S7航空はアシアナラウンジを指定ラウンジにしています。

変わり種でいえば、スターフライヤーの指定ラウンジにアシアナラウンジがなっている点です。チャーター便で乗り入れていた名残?なのでしょうか。

アシアナラウンジ以外に、スターアライアンス系のラウンジとして『シンガポール航空のシルバークリスラウンジ』もありますが、こちらはシンガポール航空のファーストクラス、ビジネスクラス利用者、スターアライアンスゴールドメンバーのみ利用できるようになっています。

受付でファーストクラス利用者は左側へ、ビジネスクラスとスターアライアンスゴールドメンバーは右側へと誘導されます。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

アシアナラウンジのインテリアコンセプトは「図書館?」なのかどうかは不明ですが、メインターミナルのラウンジも同じように壁際に本棚が並ぶ、インテリジェンスな雰囲気になっています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
出発便で混み合う時間帯でも、席が足りなくて困るようなことがないほど、キャパシティは十分です。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
ビジネスセンターはラウンジの隅にありますが、いつ行っても利用者はほとんどいません。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
日本ではお目にかかることはない、サムスン製のノートPCが完備されています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
こちらも日本では目にすることはない、サムスン製の複合機もあります。ホテルバウチャーなどを印刷する際に重宝します。

アシアナラウンジのフード・ドリンクをチェック

ラウンジのお楽しみといえば、フード&ドリンク!このあと搭乗するエチオピア航空の機内食で何が出てくるか不安?なので、アシアナラウンジで腹ごしらえをすることにします。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

まずはサラダバーとちょい辛ペンネ。新鮮な野菜と若干キムチ風の味もするペンネが用意されています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

パンの品揃えがわりと良いのがアシアナラウンジの特徴です。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
クロワッサンの他にも食パンも用意されています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

サンドイッチは2種類用意されています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

食事は済ませてきたという方は、スナックコーナーにプレッツェル、ピーナッツ、チーズなどが用意されています。ANAラウンジでいうところにおかきのような存在でしょうか。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
フレッシュフルーツは、、、、兵どもが夢のあと的な感じが伝わる、、、みかんが置いてあります。まめに補充されるため、しばらく待てば、みかんがてんこ盛りで提供されます。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
ホットミールはチャーハン。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
こちらはお粥です。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
そして韓国のラウンジでは欠くことのできない、カップラーメンも置いてあります。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
自国とその隣の国の利用者を意識した、「ラーメンはラウンジ内で食べてね」の但し書きが、持ち出す利用者が多いことを物語っています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
カップラーメン用のお湯は、専用サーバーで提供されています。

写真撮影後、辛ラーメンにお湯を注いで、何分待てば良いのか分からず、近くにいた韓国人に来たところ3分でOKとのことでした。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

ドリンクはホットミールが並ぶコーナーの上に設置された冷蔵庫にあります。缶ジュース、ミネラルウォーターで、ここにビールはありません。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
アルコールはハードリカーコーナーに集約して置いてあります。ビールはサーバーにてCASSが提供されています。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

ワインは赤白のみで、以前は置いてあったロゼスパークリングは無くなっていました。アシアナラウンジの楽しみの一つがロゼスパークリングだっただけに改悪が残念です。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
今回いただいたのはこちら!野菜サラダに辛ペンネ、スナックにビール、

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
追加でサンドイッチ2種類。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
さらにさらに、締めは辛ラーメンとミネラルウォーターでした。

食事は終わればシャワー&マッサージチェアでゆったり

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
ラウンジの奥にはトイレ、シャワー、マッサージチェアが置かれたコーナーがあります。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

シャワールームのカギは受付で搭乗券と引き換えにもらうことができます。特に利用に際しての時間制限はありません。深夜発や早朝着などの際に重宝します。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

仮眠を取りたい場合には、ラウンジ内のソファーよりも、マッサージチェアで取る方が良いでしょう。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ

マッサージチェアの案内は韓国語、一応英語で書かれた説明書もありますが、適当にボタンを押せば動いてくれますので、直感で使いこなしましょう。

仁川国際空港のサテライトターミナルにあるアシアナラウンジ
マッサージチェアでぐっすり眠りたいところですが、1回30分間の利用とするように注意書きがありますので、日本人は迷惑をかけないように守りましょう。

まとめ

アシアナラウンジは、メインターミナル(第1ターミナル)と今回紹介したサテライトの2か所に設置されていますが、設備や提供されるフード&ドリンクに大差はありません。一部違うとすれば、メインのラウンジは夕方の1時間ほど間のみ、即席コーナーで麺料理のカルグクスが提供されるくらいでしょうか(サテライトも同様のサービスがあるかもしれませんが、利用した18:30~20:00に提供はありませんでした)。

以前からアシアナラウンジは、5スターエアラインの割にラウンジの質は今一歩でしたが、ここ1,2年でさらに質が落ちている気がします。

他のアジア系の航空会社がラウンジサービスに力を入れているのに、なぜか力を抜いているアシアナ航空には、ぜひともサービス改善をお願いしたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう