グルメ タイ 2016年5月東南アジア旅行記

アソークで手頃な値段でタイ料理が食べられる!ワナカームでディナー☆2016年5月東南アジア旅行記(27)

投稿日:2016年6月14日 更新日:

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

アソーク~プロンポン~トンローにかけてのエリアは、在留邦人が多く住むエリアのせいか、品の良いタイ料理のレストランが数多くあります。

屋台やフードコートで食べるタイ料理も良いのですが、きちんとしてレストランでのタイ料理も堪能したいもの!

そこで、日本人の口にも合うイサーン料理を出すレストランとして、バンコク在住の友人の一押しである、BTSアソーク駅から徒歩7分という利便性の高いワカナームに行ってきました。

古き良きタイの邸宅のような落ち着いた雰囲気の中で食べた料理はどうだったのか、早速ご紹介します。

アソーク周辺には在留邦人が通うタイレストランが豊富

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

ワカナームの敷地は広めの駐車場と大きな木があるのが特徴です。

バンコクのど真ん中にあるレストランとは思えない、マイナスイオンたっぷりの静かな森に佇む邸宅といった感じです。

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

案内された席からはちょうど庭の噴水が見えました。

暑いバンコクの中にあって、涼しい気分にさせてくれます。

イサーン料理をいただく

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

まずはタイ料理の定番、どこの店で注文しても外れがない空芯菜炒め、パックブーンファイデーンを注文。

ビールと一緒にいただくのが最高です。

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

続いて登場したのが牛肉サラダ、ヤムヌア。シャキシャキした野菜と柔らかい牛肉のハーモニーが最高です!

あまりに美味しいのでもう1皿頼んでしまいました。

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

そして真打ち、焼き鳥ガイヤーンの登場です。

実はガイヤーンは日本のタイ料理では何度も食べたことがあるのですが、本場のタイで食べるのは初めて!

甘辛いタレと付けて、パリパリした皮と肉にかぶりつきます。

実はガイヤーンももう1皿おかわりしてしまいました。

バンコク・アソークになるレストラン・ワナカーム

最後の締めのデザートは、もち米と果物のラムヤイ(龍眼)、ココナッツミルクが入った温かいスイーツ、カオニャオカオニャオ・ピヤック・ラムヤイをいただきました。

ワナカームへの行き方

ワナカーム

 
BTSアソーク駅 or MRTスクンビット駅から徒歩7分の住宅地とカフェ・レストランが点在するエリアにワカナームはあります。

入口に日本語の看板が出ているので、Googleマップ片手に歩けば簡単に見つかります。

まとめ

今回は予約なしで土曜18時にレストランに入りましたが、お客さんは2組ほどだけでした。

ただ、19時を過ぎると来店者が一気に増えるので、できれば予約して行かれた方が良いと思います。

料理の値段はおごってもらったため失念してしまいましたが、1皿200バーツしないくらいだったと記憶しています。

メニューには親切に日本語表記もあるので、安心して注文できます。

追記

まとめというわけではありませんが、バンコクを訪れたが熊本地震の後でしたので、市内のあちこちでくまモングッズを見かけました。

ゲートウェイ・エカマイ

こちらは日系ドラッグストア、ツルハドラッグさんの店頭に並ぶくまモングッズ。

ゲートウェイ・エカマイ

売上の一部を寄付する旨が書かれています。

タイ人の小さな子どもが、お母さんと一緒にくまモンの小さなぬいぐるみを買っていたのを見て、心の中で「コークンカッ」と言って手を合わせました。

日本とタイとは本当に良い関係が続いているので、今度も日タイ友好に何らかの形で貢献したいものです。


今、あなたにオススメ

イベントのお知らせ

イベントの詳細・申込はコチラ

-グルメ, タイ, 2016年5月東南アジア旅行記
-

Copyright© キセキをキロク , 2019 All Rights Reserved.