iPhone8のイヤホンに最適!1万円以下のBluetoothイヤホン JBL DUET MINI BTレビュー

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

トラスケ(@lkardtheworld)です。

Androidユーザーが、iPhone7/8/Xへ乗り換える際に懸念することのTOP5に、3.5mmヘッドフォンジャックの搭載廃止により、Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックを介する形でしか、有線イヤホンの使用ができないことが入っています。

iPhone7/8/Xシリーズで有線イヤホンが使えないわけではないのですが、余計なアダプターを介することになるので利便性が落ちてしまいます。

Appleとしては3.5mmヘッドフォンジャックの廃止、そしてiPhone8/Xシリーズでは新たにQi規格のワイヤレス給電に対応するなど、ケーブルレスを推進に舵を切っています。

そういうことであればと、トラスケも有線イヤホンから、この機会にBluetoothイヤホンにシフトする決断をしました。

そこでヨドバシカメラのBluetoothイヤホンコーナーで3時間、すべてのBluetoothイヤホンを試聴したうえで購入するに至った、JBL DUET MINI BTをご紹介します。

5,000円〜10,000円ゾーンはライバルがひしめく主戦場

Bluetoothイヤホンが世に出回るようになってから久しいものの、なかなか普及しなかった要因が、音質が有線イヤホンに劣る点や、価格がどうしても高い点がネックだったためです。

それがAppleの英断?により、突如Bluetoothイヤホン市場が活性化し、老舗のヘッドホン・イヤホンメーカーはもちろんのこと、聞いたことがないような中華メーカーも市場に参入し、品揃えが豊富になりました。

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

そんな中でもJBLは、世界的なスピーカーメーカーとして有名で、こだわりのある人なら知らない人がいないメーカーです。

そんなJBLがエントリーモデルとして、5,000円を下回る価格で市場に投入したのが、雑誌やAmazonのレビューなどで高評価のJBL E25BTです。

購入したJBL DUET MINI BTは、JBL E25BTをブラッシュアップする形で、素材に軽量で剛性に優れたアルミを採用し、より落ち着いたデザインに仕上げたイヤホンです。

「素材がアルミに変わっただけで性能が同じなら、安いJBL E25BTのほうが良いのでは??」という声も聞こえてきそうですが、双方を聴き比べれば差は歴然!

音の良さはJBL DUET MINI BTに軍配が挙がることでしょう。

JBL DUET MINI BTの開封の儀

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

はイヤホン本体とクリップ、充電用USBケーブル、ポーチ、マニュアルというシンプルな構成です。

カラーは購入したブルーの他に、ブラックとシルバーの3色構成になっています。

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

イヤーチップはS/M/Lの3種類で、成人の女性やお子さんならS、成人男性はM、大柄な方がLがフィットするでしょう。通常であれば最初から付いてるMで良いはずです。

イヤーチップ自体は、他のメーカーの標準的なイヤーチップも付けられるので、耳慣れたものを付けて聞くことができます。

写真の「JBL」と書かれたユニットが充電池が収めれている部分です。

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

充電は充電池が収められているユニットにではなく、右耳したに来ることになるリモコン+マイクユニットにケーブルを接続して行います。

Bluetoothイヤホン JBL DUET MINI BT

JBL DUET MINI BTのペアリング操作は、リモコンの中央にあるボタンを長押ししてペアリング状態にしたうえで、接続する側で「JBL DUET MINI」を選択するだけとシンプルです。

JBL DUET MINI BTのレビュー

音質

先に参考用に紹介したJBL E25BTが低音が強めかつ、高音がこもるような鳴り方をする傾向があるのにに比べて、JBL DUET MINI BTは、低音も高音もフラットでバランスが良く、シャリシャリしたハイアットの音も艶やかに鳴るため、音のキレを重視する人にピッタリだと感じました。

トラスケの場合は有線イヤホンとして、実売価格が7,000〜8,000円程度で、ハイレゾ対応のJVC HA-FD7-Hを使用していましたが、音の傾向としては、JBL E25BTJVC HA-FD7-Hは同じような感じです。

Bluetoothの音飛びなどの有無

Bluetoothの宿命というべき音飛び、接続切れに関しては、満員電車に乗って実際に試してみましたが、音飛びや接続が切れるようなことはありませんでした。これはBluetooth Ver4.1/Class2の恩恵だと思います。

ただ、最大2台までのデバイスを同時に接続できるマルチポイント対応ということで、iPhone8とMacBook Proの2台に接続し、iPhone8で音楽再生しつつ、テザリングでMacに接続している場合、特定の操作(SafariでFacebookメッセージを受信した際)を行うと、iPhone8の音楽再生が中断される現象が現れます。

もしかするとJBL DUET MINI BTの問題ではなく、マルチポイントの制約によるものかもしれません。

再生時間

満充電まで2時間、再生時間8時間とメーカー側では謳っていますが、実際に使用できたのは満充電状態から連続使用で6時間ちょっとでした。

1日のうち通勤通学で使用する分には必要にして十分であり、耳の休憩を兼ねてモバイルバッテリー等でちょこちょこ充電しておけば、1日中使えます。

JBL DUET MINI BTがiOS11でBluetoothに繋がらないトラブルが発生(追記)

JBL DUET MINI BTを2017年10月に購入してから3ヶ月目まではトラブルなく使用できていたのですが、突然Bluetoothに繋がらなくなるトラブルが頻発するようになりました。

具体的には、iPhone8(iOS11)とJBL DUET MINI BTを接続して音楽を再生して、一時停止した後にBluetooth接続が切断される現象が起こるようになりました。

・JBL DUET MINI BTは電源オン状態
・iPhone8(iOS11)はJBL DUET MINI BTの接続は切れている

こんな状態になってしまいます。

iPhone8(iOS11)側でJBL DUET MINI BTに接続しようとしても、JBL DUET MINI BTを見つけることができない状態なるうえに、JBL DUET MINI BT本体がすべてのボタン操作を受け付けない状態(=電源がオンのまま切れない状態)になってしまうため、どうすることもできなくなります。

電池の電源が切れればJBL DUET MINI BTもオフになるでしょうが、何時間も待つわけにはいきません。

そこで苦肉の策としてJBL DUET MINI BTの電源を強制的に切るために、USBケーブルをつないで充電して電源を切るようにして使っています。

何が原因で不具合が起こるのか定かではないため何ともいえませんので、ファームウェアアップデートを待とうと思います。

まとめ

安かろう悪かろうなイヤホンを掴まされると、激しく後悔する羽目になるため、自分の耳で聞いて納得するものを購入に限ります。

なかなかレビューだけでは良さが伝わらないかもしれませんが、JBL DUET MINI BTは、有線イヤホンであれば5,000円以上のものと同等の音を鳴らしてくれることは間違いありませんので、ぜひiPhoneのみならず、Androidのお共にしてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう